悔しさ文パン・ミンジョン、残ったことは生業心配

PzaiSiB_o

俳優パン・ミンジョン(38)が俳優チョ・トクジェ(50・本名ゾドックゼ)に対するセクハラ被害裁判で勝訴した。しかし彼に残ったことは生業心配だけだ。’セクハラ被害者’という荷札のためだ。パン・ミンジョンは ‘セクハラ事件’ 以後映画界で自分をキャスティングする避けると主張した。彼は6日 ‘男俳優A 性暴行事件 ‘最高裁判所有罪確定関連記者懇談会で “性暴行被害を被った時司法システムを通じて問題を解決しようと努力し、その結果を引っ張り出した。それなのに私は私の席で押し寄せている”と吐露した。パン・ミンジョンは2015年4月映画 ‘愛はない’ 撮影の中でチョ・トクジェからセクハラをあったと告訴した。最高裁判所は去る9月強制セクハラ致傷など疑いに起訴されたチョ・トクジェの上告審で懲役1年、執行猶予2年を宣告した原審を定めた。パン・ミンジョンが40ヶ月にわたった攻防あげく得た結果だ。しかし彼の未来はさんたんだった。パン・ミンジョンは “私は学ぶが率直に延期を加えることができるかも知れない”とヌンシルウルを赤くした。その間セクハラ関連被害者たちが勇気を自分自身がすべきことを十分にしたにも社会的な視線と偏見から脱することができずに第2の被害を被っている。パン・ミンジョンもそうだ。パン・ミンジョンは “絶望よりは未来の希望が見たい。変化のために努力する人々がいることを知らせたい。たくさんくたびれて本当に手に余る。私がどうして争うのか、どうして身の上を公開しながら発言するのか、なにとも映画界で実質的な権力を持って責任を負わなければならない人々がちょっと認めたらと思う”と声を高めた。それとともに “労働圏・人権侵害と性暴行被害を背ける場合映画界の発展は期待しにくいこと”と言いながら “映画界内部で先に変わらなければならない”と強調した。ある芸能界関係者は “その間慣習的にセクハラ被害事例が発生した。しかしこれからはその根をはっきりと抜かなければならない時が来た”とし “これ以上被害者が現われないこともあるように多くの人々がこの事態を意識して気を付けなければならない必要がある”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737464.htm, 2018/11/07 00:00:03]