田駿株、公判で疑い奥さん…”ナンシー・ラン、知人離間計に目が眩んで”

HcwAUiB_o

ポップアーティストナンシー・ランと離婚手続きを踏んでいる田駿株(往診陣)が自分の疑いを否認した。6日午前ソウル中央地方裁判所で詐欺及び横領疑いに起訴された田駿株の8次公判が進行された。先立って田駿与える去年ムン某教授に10億ウォン台中国陶磁器を越すと1億ウォンを取りそらえた疑いとA さん所有の外製車を持って行った後これを担保で5000万ウォンを取った後外車を返さない疑いで裁判に越された。続いて疑いを否認して来た田駿与えるこの日公判でも “詐欺及び横領意思がなかった”と既存立場を固守した。公判が終わった後往診陣はエックススポーツニュースとインタビューから “道義的に間違ったことは認める。責任を負うべき部分は責任を負うこと”だと言いながらも “誤った部分は直すために裁判を進行していること”と主張した。また彼は “知人が違えてナンシー・ランを引き抜いた。ナンシー・ランと私の疎通を徹底的に防ぎながら ‘夫と関係を整理しろ’と言った”とし “ナンシー・ランが大金を儲けることができるという幻想に酔って裏切りと謀陥、離間計に目が眩んで移るようになったこと”とナンシー・ランと破鏡をするようになった理由を説明した。一方、田駿株の買う疑い9次公判は来る12月18日進行される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737489.htm, 2018/11/07 09:24:47]