‘芸能人事業家’…ビッグバン勝利、二匹兎引き締めようか

zePQViB_o

グループビッグバン勝利がグローバル事業家の面貌を濾過なしにあらわした。ラーメン店に引き続き今度はVR(バーチャルリアリティー)だ。グループ及びソロ歌手で活発な活動を広げて歌謡界に頂点を付けた彼がもう一度新しい挑戦に出る。7日午前ソウル江南区シンサ洞ラウンジポブS653で ‘ヘッドロック(HEAD ROCK)VR’ 新事業発表会が開かれた。勝利は国内AR, VR 代表企業である (株)ソーシャルネットワークのクリエイティブディレクタで就任式を行ってプレゼンテーションを進行した。’ヘッドロックVR’はVR 体験時頭に書くギアーに着眼して勝利が直接作ったブランド人だ。頭を楽しくするという ‘楽(楽)’の意味が込められた。要式業界など多様な部門の事業で良い結果を導き出して ‘成功した事業家’ イメージを得るようになった勝利。これからはIT 分野まで事業を確張して ‘ヘッドロックVR’をランチングするのに成功した。’ヘッドロックVR’は勝利が進行するIT 分野の一番目事業だ。この日勝利は最近話題になった自分がIT 分野企業に社長で就任するといううわさを解き明かした。彼は “(ソーシャルネットワーク) 拍手王代表が私の若いエネルギーを見て社長職を勧めたが私は本業に充実になりたかった”と言いながら “私は他の事業体を運営中で私に付く多い職員たちがいるが、また他の事業体代表職になるのが負担だった。それでクリエイティブディレクタに参加するという意思を伝えた”と明らかにした。勝利は過去ビッグバンデビュー時代から今までも多い人々に ‘楽しみ’を与えることが ‘人生の目標’と力をこめて言った。それなら彼がちょっと疎い(?) VR 分野の事業に急に跳びこんだ理由は何だろう。彼は “私は13年目ビッグバンで活動中で多様な事業をしている。共通されたことは人々を楽しくしてくれること”と言いながら “私は多くの方々に多様な分野で楽しさを与えることができる人になりたい。それで私のアイデンティティだと言える ‘Fun(楽しみ)’が今度新事業とよく似合った”とIT 事業に足を入れるようになったきっかけを説明した。自分がランチングしたVR 事業がこれから進まなければならない方向とディレクタとして力強い抱負も伝えた。勝利は “私の声とともにゲームを楽しむことができる ‘ヘッドロックVR’になること”と言いながら “多様なスターたちと協力を通じてグローバルするように出るようにする。想像が現実になることができるように親しく近付く。多い人々が易しく楽しむことができるブランドになることができるように最大限努力する”と明らかにした。IT 分野まで事業を確張したが芸能界活動の紐をおかないという彼だ。勝利は “今年多い愛をくださったファンに報いようと最善をつくして活動する。私の芸能界活動もいつも注目してくれ”と頼んだ。デビュー後13年の間くそ力ある芸能界活動で大衆の多い愛を受けた勝利がIT 分野の事業でも頭角を現わすか帰趨が注目される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737529.htm, 2018/11/07 14:35:40]