チュ・ジフン・リュ・スンリョン主演 ‘キングドム’, ゾンビ物韓国美…びっくりシーズン2 発表

aGuv2iB_o

ネットフリックスオリジナルドラマ ‘キングドム’の主役がドラマに対する期待を高めた。そしてシーズン2を予告した。8日午後3時45分シンガポールマリーナベイセンズで開かれた ‘ネットフリックスSee What’s Next:Asia’から来る2019年1月25日公開予定であるドラマ ‘キングドム'(シナリオキム・ウンヒ・演出キム・ソンフン) パネルとの対談が進行された。この日対談にはキム・ソンフン監督、キム・ウンヒ作家、俳優チュ・ジフンリュ・スンリョンが参加した。べ・ドゥナはスケジュール上参加することができなくて映像にあいさつの代わりをした。’キングドム’は15, 16世紀頃朝鮮を背景で人間権力に対する誤れたチァムヨック、ミン初たちのひもじさ、これと対立して戦う闘い社を描くミステリースリラードラマだ。この日キム・ソンフン監督は “疫病患者と呼ぶゾンビが出る。朝鮮時代の静寂な美しさが人間の貪欲と無惨な疫病患者たちが作り出す動的な緊張感が会った時快感があることと思った。こんな点が一杯な作品”とドラマを紹介した。ドラマシナリオを筆を執ったキム・ウンヒ作家は “普段ゾンビ物に関心があった。’ひもじさ’のクリーチャーと思った。これを疫病で解いてみればどうかなと企てるようになった”とし “残忍な場面がたくさん出るのに既存ドラマプラットフォームで表現が不可能だ。去る2011年から企てたがシナリオ作業につながるのが大変だった”とシナリオに傾けた悩みをあらわした。今度ドラマでチュ・ジフンは良い君主に行くための冒険をする皇太子このウィンドウ、リュ・スンリョンは権力に対する欲望と飢えを持った嘲謔株で分解熱演を広げた。べ・ドゥナは疫病を解決するために努力して、劇で重要な背を握っている人物である医女西費で悔しかった。チュ・ジフンは “おもしろい作品だ。美しい韓国の文化を楽しむことができること”と自慢した。いっしょにリュ・スンリョンは “皆が共感することができる話と一番世界的なプラットフォームネットフリックスが会った。シナジーを多くの方が感じたら良いだろう”と言って期待を加えた。この日対談が終わった後 ‘キングドム’のシーズン2 製作事実がびっくり公開され、シーズン1に対する知りたい事をもっと増幅させた。今度行事は2016年ネットフリックスアジアランチング以後APAC 言論と企業そしてビジネスパートナーが参加するアジア最初のマルチタイトルラインナップイベントで、9日までつながる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737675.htm, 2018/11/08 17:57:22]