ネットフリックスCEO ヘイスティングス “ストーリーに投資…’キングドム’ 全世界愛されること”

Jgvj1iB_o

世界的なオンラインストリーミングサービスネットフリックスCEO リードヘイスティングスがネットフリックスの長所を強調した。8日午前9時55分シンガポールマリーナベイセンズで ‘ネットフリックスSee What’s Next:Asia’が開かれた。この日行事にはアジア各国約300余人記者たちが参加してネットフリックスの話、ラインナップ発表に聞き入った。リードヘイスティングス (Reed Hastings) 創立者かたがたCEO エンターテイメントの歴史を説明しながら要求する時直ちに視聴可能だという点(on demand), 個人化、共有化など三種類をネットフリックスの長所として挙げた。引き継いで “私たちはストーリー、全世界で一番すぐれた話に投資する。エンターテイメントはとても重要な媒介体だ。これを通じて ‘私たちは住むすべて似ているね’というのを悟るようになる。ネットフリックスでは文化を飛び越える話を視聴者たちが願う時個人化して提供する”と説明した。この日行事では公開を控えた作品に対する紹介、対談などが進行された。我が国の作品ではチュ・ジフンリュ・スンヨンべ・ドゥナ主演ドラマ ‘キングドム'(シナリオキム・ウンヒ演出キム・ソンフン、12月公開予定), 指数ゾングチェヨン陣営主演ドラマ ‘初恋は初めなので'(シナリオキム・ミンソ ・演出オ・ジンソク・2019年公開予定), キム・ソヒョン主演ドラマ ‘好きならば鳴らす'(シナリオイ亜鉛立ってみなさい・演出イ・ナジョン・2019年公開予定), 芸能番組 ‘犯人はまさにあなた!シーズン2′(2019年公開予定)が公開を控えている。リードヘイスティングスは ‘キングドム’を言及して “‘キングドム’が全世界で愛されると思う”と予測した。今度行事は2016年ネットフリックスアジアランチング以後APAC 言論と企業そしてビジネスパートナーが参加するアジア最初のマルチタイトルラインナップイベントで、9日まで二日間進行される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737640.htm, 2018/11/08 13:04:21]