パン・ミンジョンvs チョ・トクジェ、終わるまで終わったのではない

TBJ8XiB_o

俳優パン・ミンジョン・チョ・トクジェ攻防がまた始まった。チョ・トクジェが最高裁判所で懲役1年、執行猶予2年確定判決を受けた以後にもパン・ミンジョンの主張を正面駁するからだ。彼はパン・ミンジョンに “我田引水式解釈を列べている”と言った。チョ・トクジェは6日午後自分のフェイスブックに “自分(パン・ミンジョン)をキャスティングしないと映画界に不満を吐露したがそのまま笑いが出る”とし “キャスティングされるためにはオーディションを熱心に見ろ”と言う内容の文を書いた。先立ってパン・ミンジョンは ‘男俳優A 性暴行事件 ‘最高裁判所有罪確定関連記者懇談会で “性暴行被害を被った時司法システムを通じて問題を解決しようと努力し、その結果を引っ張り出した。それなのに私は私の席で押し寄せている”と吐露した。引き続き彼は “被害者にもかかわらず口舌に上がったという理由で私をキャスティングする避けるという話をたくさん聞いた”とし “学ぶ道具ではなく人間で現代社会構成員”と言った。チョ・トクジェはパン・ミンジョンのこのような発言を正面から駁した。彼は “パン・ミンジョンさんが一応の護衛無事たちである共同対策委員会を同行と記者会見を持った”とし “自分によって映画界長年の慣行だった性暴行の消えるきっかけになったと嬉しがるようだ。事実を深刻に見誤って我田引水式解釈を列べている”と言った。引き継いで “あらなかった映画界慣行話して映画界仲間、先・後輩もう辱めたらと思う”とし “良心は法に判決されるのではない”と言った。パン・ミンジョンは2015年4月映画 ‘愛はない’ 撮影の中でチョ・トクジェからセクハラをあったと告訴した。最高裁判所は去る9月強制セクハラ致傷など疑いに起訴されたチョ・トクジェの上告審で懲役1年、執行猶予2年を宣告した原審を定めた。チョ・トクジェは7日スポーツトゥデーとインタビューで “はじめから最後まで私の主張したのは変化がない。私は嘘をついたことがない”と言った。引き続き彼は “裁判過程でも続いて相手の言葉が変わった点、これによる矛盾などを指摘したが結局ある個人が応対するにはとても大変なことだった”と悔しいという態度を固守した。それとともにチョ・トクジェはパン・ミンジョンに “自分の利益のためにそんな方式を取るのがゲタンスロブダ”とし “キャスティングにならないと?またこんな悔しいことに巻き込まれようか (映画界で) 避けることではないか。本人も分かったら良いだろう”と言った。以後パン・ミンジョンはエックスポーツとインタビューでオーディション関連発言に対して解き明かした。彼は “私がオーディション自体から除外になっていると周り方々が ‘何年休むと思え’ ‘何年休まなければならないようだ’という話をしてくださって、私も俳優としてどのようにすることができる部分ではないからその話を映画界発展に対するものを言いながらしたこと”と言った。それとともに彼は “私は一名の一員であるだけであって、私がその席を主催したのでもなくて私にはそんなことができる力があるのでもない”と言いながら “大衆がその部分を誤解するのに実は本当に悩み苦しむ”と言った。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737574.htm, 2018/11/08 00:00:02]