‘恩主の部屋’ vs ‘鶏竜天女前’, 干物女と天女様

ieL8XiB_o

案外の熱い反応だ。去る6日ベールを脱いだOlive ドラマ ‘恩主の部屋’が初放送から視聴者の好評を得ている。不慣れなチャンネルプラットフォーム、認知度が高くない俳優たちとこれと言う辞書広報がなかったという弱点を抱いても言葉だ。’恩主の部屋’は放送直後オンラインリアルタイム検索語上位圏に名前をあげて2030 視聴者の支持を得ているだ。その理由がなにか。’恩主の部屋’は同名の人気ウェブトゥーンを原作にしたドラマで俳優リュ・ヒェヨンが主人公に出て作品を導く。リュ・ヒェヨンはtvN ‘回答しろ1988’ 以後2年ぶりにブラウン管復帰作で ‘恩主の部屋’を選択した。ドラマは人生が自分勝手に狂ったセルプヒュジックニョシムウンズ(リュ・ヒェヨンの方)の日常を中心にする。シムウンズがセルフインテリアーに目覚めながら壊れた生を回復海歌は話を盛り込もうとした。恩主がセルフインテリアーで住みたい家を作って行ってもう一度住みたい生に対して思うようになって、これを眺める視聴者にとって ‘暮したい生’に関する質問を投げようとした。平凡な職場に通っている途中ストレスを受けて休職を選択した女シムウンズは2030 世代の共感台と哀歓を導くのに十分だという反応だ。特に主人公恩主を演技したリュ・ヒェヨンの自然な演技力と気軽いイメージが視聴者にとってドラマにもっと没入することができるようにするプラス要因になったと言うの。’恩主の部屋’が予想できない好評を得た一方似ている時期と時間帯に視聴者に会ったtvN ドラマ ‘鶏竜天女前’は期待より惜しいという評価を得ている。’恩主の部屋’と ‘鶏竜天女前’ 皆ウェブトゥーンを原作にしたドラマだと易しく比較対象になった。現実的なストーリーで共感台を高めた ‘恩主の部屋’と違い ‘鶏竜天女前’の場合、現実とはちょっと遠いファンタジーストーリーを素材にしたということ自体を問題視するのではない。問題は原作の感じを生かそうと使ったCGだ。ちょっとぎこちないCG 効果のせいに劇の没入島を害するという意見を易しく捜してみることができる。ムン・チェウォン、ユン・ヒョンミン、ソ・ジフン、そこに九九段ミナまで。人気あって認知度を担保にした俳優たちが大挙出演するが誇張された演技トンと明るい雰囲気が科するという評価も多い。ウェブトゥーンをドラマに移して見るときめが当たらない面々のせいに誇張された演技がぎこちないという指摘だ。しかし何より視聴者が ‘恩主の部屋’を応援する理由は慰労を伝えるメッセージのためではないか。夜勤に苦しむ29歳大韓民国会社員シムウンズ。一週間洗った時間、食べた時間、就寝時間皆合わせ家にあった時間は合計18時間しかならないつらい人生を生きる小さくて平凡な主人公。そんな恩主がセルフインテリアーをする、どう思えばあほらしい行為が慰労される理由は私たち皆恩主みたいな人生を生きながら恩主のような小さい逸脱を夢見ているからか分からない。きれいな天女様も良いが、29歳会社員恩主に心がもっと行くイ・ユイルことだ。一方12部作ドラマ ‘恩主の部屋’はOlive チャンネルで毎週火曜日午後11時放映される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737568.htm, 2018/11/08 00:00:02]