エズだとミラーXスヒョン、世の中で一番不便なインタビュー

r0lZ3iB_o

過去 ‘ギャグコンサート’で人気を呼んだコーナーがあった。呼んで ‘シーカーマンス’.コメディアン2人が顔に真黒い漆をして登場して黒人真似をして歌を歌うコンセプトで、おかしな身振りして真黒い粉漆がこっけいでかなり長い間人気を呼んだ。放送当時 ‘シーカーマンス’のコンセプトとギャグ内容は別に問題にならなかった。コーナーが幕を閉じてしばらく後こそ人種差別的な素材を扱ったという理由に膾炙される位。それもそのはずなのが ‘シーカーマンス’が放映された2005年当時には人種差別と係わったイシューは大衆的に敏感に受け入れられなかったことが事実だ。下は最近国内オンラインコミュニティを中心に人気を呼んでいるユーチューブ映像だ。来る11月14日封切りを控えた映画 ‘神秘な動物たちとグリンデルワルドの犯罪’に出演した韓国俳優スヒョンとハリウッド俳優エズだとミラーのインタビュー内容が込められた。去る6日(現地時間) ハリウッドスターたちと専門的にインタビューを進行するユーチューブチャンネルキオルスティフラッに ‘神秘な動物たちとグリンデルワルドの犯罪’ 主演俳優エズだとミラーとスヒョンが出演した。二人は映画に対する全般的な話を交わして作品を広報した。インタビューが熟す中、キオルスティフラッは急な質問を一つ投げた。彼は “ハリーポッター本を初めて読んだ瞬間を憶えるのか”と聞いてエズだとミラーは “7歳頃お父さんが読んでくれた”と答えた。スヒョンも “中学校の頃、お父さん友達にお願い致してアメリカで本を受けて読んだ覚えがある”と言った。するとキオルスティフラッは首をひねた。スヒョンの返事が怪しげに感じられたこと。まもなくキオルスティフラッはスヒョンを向けて “(ハリーポッターを) 英語で読んだか。その頃にも英語ができたか”とちょっと無礼な質問を引き続いた。予想することができなかった質問に荒てたスヒョン。彼はほほ笑みで質問を越そうと努力したがキオルスティフラッは返事を願う気付きだった。すると横でこのあらゆること見守ったエズだとミラーは素早くスヒョンの返事の代わりをした。彼は “今もそうしている。あなたは分かるか知れないが、私たちは英語で言っていてとても上手だ。描いてから英語だけできて韓国語は本当にできない”とスヒョンをおだてたこと。エズだとミラーはここで止まなかった。彼は韓国語で “大当り”, “食事したの?”と言ってスヒョンと別に話し合う姿を見せたり。二人の対話を聞いてぼやっとするキオルスティフラッ。急な韓国語対話に “対話が山で行くことみたいだ。紛らすことなのか”と骨切って荒てた表情を隠した。キオルスティフラッの言葉にエズだとミラーは負けないで “紛らすなんて。私たちは韓国語で話し合うことだ。分かりますか?分かりましたか?”とバッアチであり言い返した。この映像が国内オンラインコミュニティで熱い話題を集める理由は荒てた韓国俳優スヒョンのために代わりに出て人種差別的発言をした進行者を指摘したエズだとミラーの思いやりとセンスが国内ファンの好感を買うのに十分だったからだ。国内では ‘ハリーポッター’の原作者ゾエンK。ローリングの作品に出演するということだけでも封切りの前から話題を集めた ‘俳優スヒョン’だ。しかし金髪のリポーターにスヒョンはただ ‘不慣れな東洋女人’であったようだ。そうでなければこのように無礼な質問を何気なく投げることができない。以後にもキオルスティフラッはこの日インタビューを分けた映像を自分のSNSにあげてスヒョンの名前だけ除いて俳優たちの名前を列挙してもう一度ネチズンの非難を浴びたりした。非難が激しくなるとキオルスティフラッは素早く掲示物を削除した。イツムドエだから幼稚できわまりない行動に違いない。しかし問題はここで終わらなかった。キオルスティフラッは8日自分のツイーターアカウントに短い文を残した。彼は “私はただ9歳位になる子供が母国語でもない英語でひとり (ハリーポッターを) 読んだと言って驚いただけだ。驚くべきではないか”と解き明かした。キオルスティフラッは東洋係人に対する偏見を持っているにもこれを認めないという態度を見せた。全世界ネチズンたちの非難が殺到している中ににも言葉だ。東洋人々は幼い年から英語が上手にできないとの自分の偏見に対して全然認知することができずに現在自分が処した状況をオイオブダドッ ‘驚くべきではないか’と言う言葉で問い返している。この書き入れ時でふと浮び上がった考え。金髪の進行者キオルスティフラッの姿がもしかしたら私たちの姿と似ていないか。まだうちの中に数多い ‘シーカーマンス’が位置していないか、多いものなどを考えさせる。外国に進出した韓国スターたちはスヒョンだけではない。俳優イ・ビョンホン、べ・ドゥナ、そして防弾少年団まで。多い韓国スターたちが国外で進出して大きい愛を受けている。エズだとミラーのインタビュー当時姿はグローバルスターたちをインタビューするキオルスティフラッにも、寒流を全世界に知らせている私たちにも示唆するところが大きい。一方スヒョンは ‘神秘な動物たちとグリンデルワルドの犯罪’で賭だの役を、エズだとミラーはクレデンス切ってみた役を務めた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737636.htm, 2018/11/09 00:00:02]