サイ相手出演料返還訴訟、海外エーシェンシー ‘敗訴判決’ なぜ?

c8oZ3iB_o

歌手サイに対して海外公演エーシェンシー側が ‘不真面目な公演をした’と国内裁判所に訴訟を出したが敗訴となった。ソウル中央地方裁判所ミン沙ざの30部(部長判事イ・サンヒョン)は8日インドネシア韓グループの国内公演を代行するA社がサイ(40・本名パク・ジェサン)を相手に出した出演料返還請求訴訟で原告敗訴判決した。サイは去年11月海外公演 ‘約定不履行’を理由で現地エーシェンシー及び国内代行社から訴えられた。訴訟内容は単独報道で初めて知られた。(2017年11月21日付け=[単独] サイ、’海外公演約定不履行’ 損賠被訴…所属社YG ‘強力対応’)公演を主催したインドネシアラボングルームは国内公演代行社であるB社を通じてサイを相手でソウル中央地方裁判所に約2億7000万ウォンの損賠賠償請求訴訟を出した。当時所属社であるYGエンターテイメントは約定不履行事実を否認して ‘スター傷つける’と言いながら力強い法的対応を示唆した。A社側は ‘サイが前もって約定した公演を未完数するなど不真面目な公演をした’と主張した。サイ側は ‘契約上違反事項が全然なくて、公演社側が事実と違ってサイを傷つけようと思う’と駁した。歌謡界のある関係者は “訴訟を通じる根拠ない傷つけるのに警戒心を与える判決”と言いながら “資格未達の海外エーシェンシーが自分たちの過ちを擦りつけることは二度とあってはいけない”と言った。特に “契約上問題がないのにイメージ毀損を弱点でけちをつける場合が多いのに今度判決はそんな減らず口が容納されないということを見せてくれた結果”と付け加えた。一方最近俳優イ・ジョンソクがインドネシアジャカルタでファンミーティングを終えた後現地エーシェンシーの過ちに抑留されたことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737688.htm, 2018/11/09 00:00:04]