‘人種差別論難’ キオルスティフラッ、謝ったが…’真正性なかった’

ulUQ6iB_o

韓国俳優スヒョンに人種差別的発言をしたリポーターキオルスティフラッが公開謝った。しかし脅迫に勝つことができなくて抑止で謝った姿。ネチズンの非難だけ激しくなっている。この位なったら ‘グローバル憎い顔’だ。キオルスティフラッは去る8日自分のツイーターに長文の謝罪文をあげた。フラッは “先週映画 ‘神秘な動物たちとグリンデルワルドの犯罪’ 俳優たちとインタビューをするようになって嬉しかった”と書いた。引き継いで “私がスヒョンを向けて投げた門が非常に聞こえたという考えが後でした。私はノルウェー人で英語が私の母国語ではない。そんな部分でスヒョンが非常に幼い年齢に英語で ‘ハリーポッター’を読めたということに非常に感銘を受けたからそんな質問をした”と人種差別論難と係わって解き明かした。フラッは “メールを通じて私と家族たちがひどい無惨な脅迫を受けたし、幾多の媒体が私を人種差別主義者に呼んでいる。私の心は大きくけがをした”と苦痛を訴えた。彼は “スヒョンとエズだとミラーにすまないと言いたい。スヒョンがこの文を読んだら、私があなたを不快にさせた点許してくれ”と謝った。先立ってリポーターで映画インタビューを進行したフラッはインタビュー途中スヒョンを向けて人種差別的な質問をした。当時フラッはエズだとミラーとスヒョンに ‘ハリーポッターをいつ読んだか’と聞いてエズだとミラーは “6~7歳頃読んだようだ”と答えた。スヒョンは “中学生の時の韓国でアメリカにいるお父さん友達に本を求めてくれと頼んだ”と答えた。スヒョンの返事にフラッは “英語で読んだか。当時に英語ができたか”と再び質問して驚くべきでしたこと。ここに横にあったエズだとミラーが該当の発言にかっとなって話題を集めたことがある。普通白人に ‘英語ができるのか’と聞く人はいない。このために英米圏国家で白人が有色人種に ‘英語ができるのか’と聞いたり英語実力を誉めることは人種差別的発言に認識される。フラッの今度謝罪文はネチズンたちの公憤を今一度けしかけた。先立ってした自分の行動を出身を言及して ‘無知’と繰り合わせたから。’巻くだけな謝り’をしたということ。彼の真正性ない謝罪文のせいに今度事態はたやすく沈まないようだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737719.htm, 2018/11/09 11:44:28]