‘会社のお金横領’ 歌手パク・ジョンウン、疑い一部有罪…執行猶予2年宣告

ZenZ3iB_o

仮想貨幤投資詐欺事件に掛かり合って裁判に越された歌手パク・ジョンウンが懲役刑執行猶予を宣告された。仁川地裁刑事7単独イムユンした判事は8日午後開かれた宣告公判で仕事上横領など疑いに起訴されたパク・ジョンウンに懲役8月に執行猶予2年を宣告した。パク・ジョンウンは公訴状に適時された会社お金4億5000万ウォンを引き抜いた疑いの中ミュージカル製作費用4億ウォンを横領した疑いは犯罪が証明されなくて無罪を宣告された。ただ商法違反、公定証書原本不実記載、ブルシルギゼゴングゾングズングソワンボンヘングサなどの疑いは有罪が認められた。裁判部は “被告人は他の共犯たちと犯行に加わってその金額台が80億ウォンにのぼって、横領による被害額も5000万ウォンで少なくない金額だ”と言いながらも “被告人に何の会社責任がなかったことと見えて、横領犯行はマイニンマックス捜査過程でばれたことで犯行加担位が重いと思う数ない点等を考慮して兄さん(型)を決めた”と判示した。先立ってパク・ジョンウンは仮想貨幤 ‘イドリウム’ 採掘事業に投資すれば収益金で仮想貨幤をくれると欺いて投資者から数千億ウォンを横取りした知人の士気事件に掛かり合った疑いに起訴された。ここに検察は先立った公判で裁判部に懲役2年6月を求刑したことがある。一方、1989年 ‘Who, Me?’路デビューしたパク・ジョンウンはプロジェクトグループ五臓泊メンバーでオ・ソクジュン、チャン・ピルスンと呼吸を合わせた。以後1991年発表した2集 ‘今日同じ夜’, 1993年3集 ‘遠い後日に’がぞくぞくヒットさせて一躍スター級に上がった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737681.htm, 2018/11/09 00:00:03]