“保安にびっくり”…’キングドム’ チュ・ジフン・リュ・スンリョン、ネットフリックスと作業所感

lMOP6iB_o

ネットフリックスオリジナルドラマ ‘キングドム’ 主演俳優チュ・ジフンリュ・スンリョンがネットフリックスと作業した所感を明らかにした。チュ・ジフンリュ・スンリョンは9日午前9時30分(現地時間) シンガポールマリーナベイセンズで開かれた ‘ネットフリックスSee What’s Next:Asia’, ‘キングドム'(シナリオキム・ウンヒ・演出キム・ソンフン) 記者懇談会に参加した。この日記者懇談会には二人の俳優を含めてキム・ソンフン監督、キム・ウンヒ作家が参席した。チュ・ジフンとリュ・スンリョンはネットフリックスと韓国プラットフォームとの作業を比べて “撮影過程で大きい差がなかった”と口をそろえて言った。先にチュ・ジフンは “ネットフリックスと作業をしながら斉家 ‘クォリティーチェック’でかからないかと思ってもっと延期に力をつくした”と農を投げた。そして “元々国内作品でもお会いすることができた監督様、作家様、先輩たちなどとの作業だったし、撮影現場にネットフリックス職員たちが見守っていたりするのがではなくて全然違ったり不便なことはなかった”と ‘キングドム’ 撮影当時を思い浮かべた。彼は寒い冬に撮影したことを回想して “韓国の残酷な寒さ、足指を切ってしまいたい感じを除いてはネットフリックスとともにして難しい点はなかった”と愉快な所感を伝達した。また “前日上映会終わってネットフリックスロゴが出る時疎くて不思議な感じがしたことはあった”と個人的な所感をあらわした。チュ・ジフンに引き続きマイクを持ったリュ・スンリョンは “撮影過程では大きく差がなかったしただ大変な韓国映画三本位誠をこめて取る感じだった”と言って現場に笑いを抱かれた。ただリュ・スンリョンは作業差異で ‘保安’を指折った。リュ・スンリョンは “後半作業で韓国プラットフォームとの作業と違う点があった。保安が徹底的だったよ”と “ポスターも見せてくれなかったよ。ティーザーも前日進行された行事で初めに見、編集本も前日上映会で初めに見た”と説明した。また “フォスター撮影も一週間位した”と言いながら感嘆した。連れて “スケール自体が大きかったよ。撮影する時私どもは食板に食べ物受けて食事して、お弁当食べてそのようにしないか。ネットフリックスではケイトリングがあって、テーブルに花飾りがあった。このようなのは我が国もちょっと適用したら良いだろう”とユーモラスに差異を指折った。’キングドム’は15, 16世紀頃朝鮮を背景で人間権力に対する誤れたチァムヨック、ミン初たちのひもじさ、これと対立して戦う闘い社を描くミステリースリラードラマで、来る2019年1月25日公開を控えている。27個言語字幕、12種言語ダビングが190ヶ国ネットフリックス視聴者たちに会う。’ネットフリックスSee What’s Next:Asia’は2016年ネットフリックスアジアランチング以後APAC 言論と企業そしてビジネスパートナーが参加するアジア最初のマルチタイトルラインナップイベントで、8, 9日二日間進行された。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737713.htm, 2018/11/09 11:40:52]