‘1人企画社’ 一人立ちチェヨン、ナルゲダルことがあるか

nMFY7iB_o

いつのまにかデビュー15年目に入った歌手チェ軟餌長年の沈黙を壊して ‘セクシーデーバ’の帰還を知らせた。その間所属社の助けを借りて歌手活動を広げて来た彼だが今度は違う。1人企画社を設立して一人立ちに出たから。熾烈な音源市場でチェ軟餌また羽をつけることができるか注目される。9日午後2時ソウル江南区日誌アートホールではチェ演義シングルアルバム ‘ブァッザなの'(Bazzaya) 発売記念ショーケースが開かれた。チェ演義今度カムバックは去る2015年シングルアルバム ‘見なくてもビデオ’ 以後約3年6ヶ月ぶりだ。特に今度新報はデビュー15周年を記念するアルバムになる見込みだ。今度アルバムは歌手JBJ, ファン熾烈、歓喜など歌手たちと作業したしジャンルを出入りする万能プロデューサーBull$EyE(ブルズ子供)とアストル、エイプリル、ティンタブなど多数アイドルと作業してホットトレンディ作曲家に浮び上がったreal-fantasy(リアル-ファンタジー)が共同作業して話題を集めたことがある。チェ演義新報は韓国だけではなく活発に活動中の中国でも同時発売される。中国で韓流スターで多い愛を受けているチェヨンは今度ショーケースを始まりに国内はもちろんグローバル活動立地をもっと固めるという計画だ。その間韓国で活発な活動を広げないチェヨン。彼の近況に多い関心が集まった。この日チェヨンは “韓国活動は活発にはないが、たまにしていてこの間にドラマ一本を取った。アジア6ヶ国が参加するホラームービープロジェクトなのに私が代表に出演するようになった。ちょうど来る11日に私の出る方が放送される”と近況を知らせた。引き継いで “あまり震える。すべて下ろしたと思った。’したことすれば良いでしょう’, ’15年間したことなのに’という意向があった。しかし現実は違った。一日は震えてから一日はまた大丈夫だという考えが毎日毎日繰り返されて地獄みたいな(?) 日々だった”とし “アルバムを内野いけないと決めた後夢を見た。本当に何も用意ができない状態で舞台に登る内容だった。もっと熱心に準備しろという意味ではないかと思う”とカムバック所感を明らかにした。なによりも今度新報はチェ軟餌1人企画社で一人立ちをした後初めて売り出す音源だからその意味深い。チェヨンは “今度アルバムの聞く方々は ‘いつもまったく同じなの’という考えをすることができるのに私は少し違った。私が巣を発って1人企画社に出て初めて出たアルバムで一つから熱まで私の手を荒くないのがない”とし “私も本当にたくさん学んだ。私も ‘生計型歌手’と思ったが実際にアルバムを製作しようと思っていると分かるのが一つもなかったよ。新しいこともたくさん学んで自ら勉強しながらアルバムを製作した”と愛着を見せた。それとともに “誰かのサポートを受けることに慣れた。私がしたい音楽をしたかった。私は食膳を調えてくれればさじらで食べてばかりした”とし “実際にすべてのものを一人でやってみたら思ったより私が分からないのがたくさんあったと感じた。デビューしてから15年が経ったが ‘自ら足で走るとゲッグや’, ‘私とできないのがなんかあって’という考えをするようになった”と一人立ちをするようになった理由を明らかにした。タイトル曲である ‘ブァッザなの’は自分に別れを告げた男が後悔して帰って来たところで受けてくれないという内容の家事が盛られた。もうちょっと堂々で自尊感高い女性の姿にチェヨンだけのセクシーさを加え、ムムバトンリズムをベースにしたメロディーに東洋的なテーマラインを加味して新鮮さを倍加させた。特に起承転結が確かなライン構成と同時に中毒性高いフックで武装して聞く楽しさを高めた。彼は “作曲家ブルズアイワ作業した。私の以前アルバムにも多い作業を手伝ってくれて私が作業してとても迷惑をかけたのに熱心に手伝ってくれて感謝した”と言いながら “ムムバトンの東洋的雰囲気が湧く曲”と説明した。引き継いで “(‘ブァッザなの’という言葉は) 実は私どもが話す時たくさん書く表現だ。あなたまた私に帰って来てブァッザはある時上手なの。そんな意味を盛っている”と付け加えた。それとともに “デビュー15周年であるだけに今度アルバムに神経をたくさん使った。タイトル曲も多い修正を経りながら出た私の子みたいな曲”と力をこめて言った。チェ軟餌アルバムをリリースする11月にはグループワーナー院、トゥワイス、エックソなど大型アイドルたちがカムバックを待っている。負担になることはなかっただろうか。これに対して “実はいつもともカムバック大乱ではないか。あんまり名うてのアイドルたちが多いから何月に出ても避けることは難しいようだ。その方たちがカムバックすることと私とは大きく関係がなさそうだったり下”と笑いながら言った。終りにチェヨンは “今度アルバムで音楽チャート順位1位に行くことができないことはよく分かっている。しかし ‘チェヨン’という歌手が出てこんな歌を歌っているとお知らせいたすことができたら良いだろう”とし “私がまだ中国で活動していると思う方々が多いようだ。歌も歌だがチェ軟餌活動を続いていて今後とも皆さんの前で良い機運を与えることができる人というのをずっとお知らせいたしたかった”と望むことを伝えた。一方、チェヨンは来る13日新しいシングルアルバム ‘ブァッザなの’を売り出して3年6ヶ月ぶりに歌手活動に伸びをつける。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737747.htm, 2018/11/09 16:22:59]