キム・ヨングク側 “ペットの猫ルシ、遺棄ではないの …所属社で保護中”(公式)

BvGJejB_o

キム・ヨングク側がペットの猫ルシ遺棄論難と係わって “所属社でルシを保護している”と明らかにした。所属社踊ったエンターテイメントは10日公式報道資料を出して “現在キム・ヨングクの猫ルシは本社事務室で保護していてキム・ヨングクはこのようなことで物議をもたらしたという点に対して深く反省している”と明らかにした。所属社は “当社はペンブンドルがヨックリョスロウォする部分に対して確認する過程を経ったし、キム・ヨングク本人にも全面的に実は把握及び再確認をした”と言った。それとともに “が事で傷ついたファン方々科コンパニオンアニマル保護者方々頃も頭を下げてお詫びさせていただく”と付け加えた。引き継いで “キム・ヨングクは6月頃カグを入養をして。トルビルシとともに宿所に合祀した”と “ルシがカグと一緒に暮らすことに対して適応ができなかったし、他のペットの猫にも傷つかれることが発生した。深い悩みの末にキム・ヨングクはルシを入養を送ることを決めるようになった”と当時状況を説明した。所属社は “ルシを入養送った後、キム・ヨングクは新しい保護者の方と疏通しようと思ったが連絡が触れなくて本人もたくさん不安に思い、去る9月25日ルシが保護者から離脱したということを認知した”とし “当社は消息を聞いてルシを連れて来て保護の中だ”と明らかにした。先立ってオンラインコミュニティにはキム・ヨングクの猫ルシが遺棄されたようだという文が上って来た。該当の文を作成したこれはキム・ヨングクが育てた猫ルシに推定される猫が去る9月ユギミョカフェに上って来たと写真を公開した。写真の中にはルシと類似の外貌を持った猫の姿が盛られた。これを見たファンは猫の前足に注目した。彼らは足柄が非常にまったく同じだと二猫が等しいことに推測されると主張した。一部ファンはキム・ヨングクに “ペットの猫ルシ写真を認証してくれ”と猫の行方を問い合わせて論難がおこった。一方、キム・ヨングクは猫ルーマーとともに松ナヒョンと熱愛説がはみでた。しかしナヒョン側が “親しい関係であるだけ”と熱愛説を否認した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737836.htm, 2018/11/10 20:05:39]