コードクンストは本当に400個のビートを持っているか

stu3ajB_o

親しいのに新鮮だ。慣れるようなのに特別だ。粋で感覚的な彼の音楽は自然に多くのアーティストたちを引き入れた。若い世代やはり彼の音楽を好むしかない。彼は千編一律的な音楽の中で自分ばかりの色を固めて行った。プロデューサーコードクンストの話だ。コードクンストは最近ソウル江南区AOMG 事務室から来て会った。彼は最近撮影中のMnet ヒップホップ競演プログラム ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’でかなり気が抜けたように見えた。”忙しくても気持ち良いだろう”と言葉を言い出すとコードクンストは微笑んで首をうなずいた。”チームを立てる時実力も実力だが目立とうとする人がほしくなかったです。チーム意識を少しでも持って音楽できる友達がほしかったがそんな人々が集まるから雰囲気が本当に良いです。”コードクンストは ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で腕路アルトと審査委員で出演の中だ。彼は放送で “400個のビートを持っている”と言って関心を集めたりした。”実はプロデューサーなら400個まではなくてもたくさん持っているんです。私がビートを400晴れていていると言って使い果たすのではないです。毎日入る考えや感情を残したそこのためたくさん集まりました。大部分プロデューサーもそうなんです。”コードクンストはヒップハブシンにとても有名な人々と作業した。ヤン・ドングン、腕路アルト、斧、ずるとさ、ロコ、非ワイ、迂遠嶺などオヒョック、イこんにちはなどだ。このように彼はアーティストたちもたくさん探す ‘うまく行く’ プロデューサーだ。”私の使う作法は我が国で私しかいないだろう。それで探すしかないと思います。私の色を忘れてしまわないで表現した時人々が耳を傾けてくれれば認められるのです。もし人々が ‘良くない’と言えば私の色を変えなければならない時期と思います。”一刻ではコードクンストの音楽に対して ‘者が複製ではないか’は意見もある。彼は “者が複製は良いフィードバックだと思う”とし “こんなフィードバックは私が音楽色を ‘一度覚めなければ割’ ポイントが来たということを認知することができるようにしてくれるようだ”と言った。トレンディな音楽の最前方で音楽を作っている彼は流れに敏感に応じると言った。”ヒップホップの流れは他のジャンルより早く変わります。ヒップホップは実はジャンルのないことが特徴です。ジャズヒップホップ、レゲエヒップホップ、EDM ヒップホップなど多様なジャンルから借用して来ることができるんじゃないか。そうして見るから毎度流れが変わります。人々がヒップホップが好きなこともその理由で。トレンディでセンサーティブするんじゃないか。”トレンドに敏感なそのだから ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’で出した音源も大衆の趣向をまともに狙い撃ちした。一緒にしたラッパーとシナジーはドマルするまでもない。しかしコードクンストが以前に見せてくれた音楽色と違う。もっと大衆的で懇意だ。”‘ショー・ミー・ザ・マネー’ 参加する時最近ヒップハブシンでトレンディなジャンルをしなければならない思いました。狙ったのです。チーム員たちもよく手伝ってください。私がしたい音楽なのにそれをよく消化してくれることができる友達が来るから良い効果が現われたのです。”コードクンストが音楽で人々に伝達したいことは何なのか知りたかった。彼は “誰かに音楽を聞かせた時同じ空間にあるような感じを与えたい”と言った。”ある空間へ行けば特定のにおいがあるんじゃないか。それをキャッチして音楽に盛ろうと思う方です。例えば雨降る日、雨においを嗅いだ時人々が感じる感覚と言えよう。私は雨降る日には平凡な日より考えが多くなるのにそんな感情を音楽に付与すればその空間を表現することができると思います。”コードクンストはこれから ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’に弾力を受けてずっと音楽作業をしたいと言った。”‘ショー・ミー・ザ・マネー777’ 出演者の中と作業したら誰としたいか”と聞こう “ナプルラと一度やってみたい。ハハ。ところでこれから私の作る音楽は ‘ショー・ミー・ザ・マネー777’とまた違うからどうなるかも知れない”と返事した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737676.htm, 2018/11/10 05:00:02]