初海外出張、’千斤万斤’の序開き

6rv3ajB_o

記者先輩たちは “記者も良い時代があったの。私たちの時は…”とこの前話をたびたびする。その中一番多く言及したのが ‘ゾングキッ(媒体に属した記者、評論家などを招待してコンテンツを示唆して関係者インタビューなどを進行すること)’.取材環境に制約がたくさん生じてゾングキッが珍しい最近、いよいよ初海外出張日程が決められた。世界的な動画ストリーミングサービスネットフリックスの呼んで ‘See What’s Next:Asia’, マルチタイトルラインナップイベントだ。シンガポール最大の名所であるマリーナベイセンズで進行されるという消息が期待感とときめくことを倍加させた。似ている行事をヨーロッパなど他の大陸では何回もしたことがあるが去る2016年ネットフリックスアジアランチング以後アジアでは初めてだ。ネットフリックスは時価総額約1千560億ドル(ハンファ174兆6千億ウォン)の世界最大動画サービスで数えられる。ネットフリックス側では “ネットフリックスはヨーロッパで飛躍的な成果をおさめていて、ヨーロッパに引き続きアジアでも皆さんにもうちょっと身近に近付きたい”と明らかにしながらアジア太平洋11ヶ国媒体を行事に招待した。アジア太平洋約300媒体記者、企業そしてビジネスパートナーが参加する二日間の日程で参席者に航空券、宿所などまで提供した。海外では高い認知度を享受しているがまだ我が国ではマニア階にだけ慣れるのが事実だ。ネットフリックスと国内収容者、予備収容者の足役目ができる状況を向い合うようになったことに胸がどきどきした。広報代行社側にパスポート写本を提出して、ネットフリックスホームページ認証手続きなど多くの手続きを終えたにも、海外出張という点がたやすく実感の出なかった。毎日の業務が忙しいからあっという間にに出国が一日前に近付いた。そうだ、出張を行く。ところで海外という点を忘却した。急にポケットワイファイを貸し下げと、現地に当たる変圧器を準備した。出国前日夕方にも芸能界関係者とミーティングをした。翌日出張でもあって、良くないコンディションに早く帰ったがドアロックパスワードを押して家に入って来たら夜10時を過ぎた時刻。アプルサ、両替をしなかった。幸いに出国当日に草草と両替を終えた。出国視覚は韓国時間で午後4時20分、シンガポールに到着したら現地時間で午後11時になった。到着して窓の外をこっそり見たら雨が降った。空港状況上手荷物引き戻すことが遅くなって手荷物は午後11時50分にでも受けた。次の航空便でシンガポールに到着したグループとともにホテルに到着した。ハンファ174兆を過ぎる時価総額を証明するようにネットフリックス側で提供した5星級ホテルはまことに派手だった。今度行事に多い投資をしたなたかった。しかし貧者一燈(貧者一燈)という言葉がある。人に重要なことは物質よりは心だ。細心な心。チェックイン、部屋に入って来たら翌日午前12時38分になった。身が千斤万斤だ。しかしこの時はこのコンディションが日程中一番良いコンディションだったと思うわけがなかった。部屋窓卦け向こうでいなずまが走るのがふと見た。飛行機で寝ることをちょっと寝たせいなのか、新しい環境が疎かったことか、ではなければ初出張に多くの考えが群がって来たことか午前5時50分に寝るに入った。どうやってでも眠りをたくさん寝ておかなければならなかった。こんなに私の初海外出張が始まった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737778.htm, 2018/11/10 05:00:03]