‘手the guest’ キム・ドンウク “作品後遺症大きい。..体力回復まだ”

v73TgjB_o

ドラマがよくできたとして、映画がよくできたと言って大きく変わるのはなかった。その間黙黙と歩いて来た結果期のためだ。しかしこれから彼は変わる計画だ。この結果に報いるためだ。最近OCN ドラマ ‘手the guest’を終えた俳優キム・ドンウクの話だ。キム・ドンウクは6日ソウル江南区一カフェから来て会って “いよいよドラマが終わった”と一息ついた。キム・ドンウクは去る1日終映したドラマ ‘手the guest’で悪霊を調べる霊媒ユン・ファピョン役を務めて熱演した。この配役で彼は ‘コーヒープリンス’ 以後新しい人生キャラクターに会ったという評価を受けた。”私にはあまり感謝した作品です。撮影する時は本当に体力的にとても大変だったが ‘コーヒープリンス’ 以後ドラマで愛されたのは今度が初めてだから良いですね。幸せです。”彼が言ったように ‘手the guest’は易しい作品ではない。エクソシズムという素材を扱っただけ精神的・体力的に大変だった。10余年以上延期して来たキム・ドンウクだが撮影が終わった今までも払い落とすことは易しくなかった。”今までした作品の中に歴代最高で体力的にくたびれた作品だったです。普通他の作品は終わってからは一日、二日位なら回復になるのにこの作品は体力的に回復にならないです。時間がちょっとかからないかと思いますね。”今度作品で一番重要な観戦ポイントは ‘誰がパク一刀か?’であった。ドラマは反転に反転を繰り返えす多様な装置と伏線を敷いて置いて視聴者たちを混乱するようにした。しかし最大の反転はキム・ドンウクが作品手始めの前からもうパク一刀の正体が分かっていたというのだ。”控え目ですよ。ハハ。劇の中で三羽鳥(キム・ドンウク・キム・ジェウク・チョン・ウンチェ)は撮影入って行く前に分かっていました。監督、作家と作品、キャラクター話などをしたから分かっていたんです。他の俳優やスタッフは最後のシナリオが出る時までも知らなかったです。”‘手the guest’は副馬者たちの強烈なビングの延期が毎回話題だった。一緒に演技するキム・ドンウクも彼らの演技を見守りながら難しかったと言った。”横で彼らの演技を見守ることも大変だったです。没入してすることを見れば私ものようにそのエネルギーに付いて行くようになるから。その強い機運を取り交わしながら相手と延期をするのが易しくなかったんです。”最後の回に至って彼は遂にビングの演技を広げた。”が作品のクライマックス期のため悩みをたくさんしました。また他の副馬者たちの演技があんまりすぐれたでしょう。前ユン・ファピョンでパク一刀で移る時変化のトンとか、守衛をどう取らなければならないか悩みました。”‘手the guest’で除くことができないことはキム・ドンウク、キム・ジェウク、チョン・ウンチェこの三羽鳥のセーミだ。キム・ドンウクはインタビュー中にも三羽鳥の話をよく取り出して彼らの特別な友情を誇った。”一人で撮影しなければならない神さまがいれば憂鬱になってください。早く友達と一緒に取りたいのに一人で取ればすぐくたびれるんですよ。ところで一緒に撮る場面では会う前から力が出て、’何の悪戯をするか’ ‘どうやっておもしろく撮影をしようか’という期待感が生ずるんですよ。本当に良い友達です。俳優としてもたくさん学びました。”その中でも特に ‘コーヒープリンス1号店’で呼吸を合わせたキム・ドンウクとキム・ジェウクの再会に多くの人々の関心が集まった。彼らはおおよそ11年ぶりに一作品で会って新しい ‘ウェルメイド作品’を出した。”(キム)ゼウックイは頭短くなったこと抜いてはまったく同じだったです。不慣れなことが全然なかったんですよ。初撮影の時から楽にさせました。11年と言う(のは)時間の間連絡だけたびたびしたが、こんなに会うから本当に良かったです。延期は言うまでもなくて。”キム・ドンウクは今年の一年映画 ‘神さまと一緒に-因果年間’とドラマで多い愛を受けた。彼の乗勝長駆に見守る視聴者、観客、ファンも一緒に喜んだ。”たくさん聞いてください。’映画、ドラマすべてよくできたがどうなのか’と。実はそんな問いで斉家 ‘今年の一年こんなに送ったな’を感じます。20代の時は本当に休まないで作品をたくさんしました。30代初盤には心細さと負担を持って作品を選択したんです。今はあの時見るというちょっと楽になりました。作品を見る時ちょっと広い視線でするようになるんですよ。作品を対する心が変わるから結果物でも反応が変わるようですね。”2004年 ‘学校’でデビューしたキム・ドンウクは俳優生活15年目だ。その間ドラマ、映画で着実に活動して延期スペクトラムを広げ、遂に大きい愛を受けるようになった。これから彼の計画は何だろう。”今年を気持ち良く仕上げることができて幸せです。それだけ来年に熱心に走るために残った2ヶ月をよく準備しなければならないようですね。2019年は今年よりもっとエネルギーにあふれるようにしてみたいです。あらかじめメリークリスマス!”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737566.htm, 2018/11/11 05:00:02]