‘押したり引いたり’の固守?…詰む日程と ‘びっくり発表’

bo2TgjB_o

元々ゾングキッというのがこんなにや日程が詰んで、ものすごい体力を要求することか、記事作成過程に制約が多いことか分かりたかった。先輩たちは “いや”だそうだ。’保安’を重要視するネットフリックスの方針にあれこれ易しく内容を伝えられることがなかったし、主催側と代行社が分離した状況だから主な内容も何足を経って伝えられなければならなかった。エンバーゴ(制限的報道中止)もまことに多かった。話を聞いても記事を書くことができない。さらに今度行事全体参加国、参加記者数字なども日程初日夕方頃になってからこそ伝えられることができた。初日日程は午前8時に始めて午後9時30分に終わった。そして二番目日日程は10時間後人午前7時30分に始めた。我に返る新なしにきちきちな日程だからだったろうか。急に追加される日程が驚くべきに感じられないほどだった。ネットフリックスは ‘押したり引いたり(目白押しだ)’の固守だった。忙しい日程、急きまくる疲れ感の中でも精神をぴかっと持つようにすることがあったからすぐコンテンツと係わった ‘びっくり発表’入れた。今度行事では公開を控えた作品に対する紹介、対談などが進行された。我が国の作品ではチュ・ジフンリュ・スンリョンべ・ドゥナ主演ドラマ ‘キングドム'(シナリオキム・ウンヒ・演出キム・ソンフン・2019年1月25日公開予定), 指数ゾングチェヨン陣営主演ドラマ ‘初恋は初めなので'(シナリオキム・ミンソ ・演出オ・ジンソク・2019年公開予定), キム・ソヒョン主演ドラマ ‘好きならば鳴らす'(シナリオイ亜鉛西紫・演出イ・ナジョン・2019年公開予定), 芸能番組 ‘犯人はまさにあなた!シーズン2′(2019年公開予定)が紹介された。先に ‘キングドム’は最初公開時期が来る12月に知られていて、すべての報道資料にもそれほど盛られていた。しかし行事でティーザーが初めて公開され、ティーザー末尾へ来る2019年1月25日だという本当に公開日付が表記してマスコミに知られるようになった。’キングドム’のシーズン2 製作消息もびっくり発表された。’キングドム’ セクションが終わった後リードヘイスティングス(Reed Hastings) 創立者かたがたCEOは舞台に上がって ‘キングドム’ シーズン2 製作に関する話をした。彼は “シーズン2 製作に対するうわさがあるが、事実だ”とし “シーズン2に帰って来る予定だ。シーズン1がランチングされる前にシーズン2を定めることは珍しいのに、どうしてそんな決断を出したのかすぐ分かるようになること”と言った。また ‘犯人はまさにあなた!シーズン2’に歌手兼俳優イ・スンギが出演するという消息も伝わった。パネル対談時間プログラム出演者として舞台に上がったチャン・ヒョクジェPDと俳優パク・ミンヨンはイ・スンギ出演事実を言及した。パク・ミンヨンは “今度シーズンではシーズン1に出演したイ・グァンスが出演しなくなったため誰かは投入されると思った。一緒に撮影をしたが、参加するという設定だけあって受けたシナリオなしに現場へ来て特有の熱心にする面貌、利口だが ‘ホ当期’ ある姿を見せてくれた”とイ・スンギと一緒にした所感を明らかにした。またイ・スンギに対して “私たち出演陣と ‘似ている科’だったよ”と親近感を示して “‘若い血’加えた人輸血された。私の同じ年齢が一緒にするようになって良い”と嬉しい心をあらわした。’キングドム’ 1, 2回上映会まで初日のすべての日程を終わらせて宿所に帰って来たら午後10時が近づいて来ていた。シンガポールが夜景で有名でしたが。精神がなくてまだ開けてみることができなかった宿所の窓卦けを開けてみたら長官が開かれた。幻想的だった。美しいシンガポールの夜をプレゼントしたネットフリックスだ。しかし眠気が群がって来るせいに窓の外を長く眺めていることはできなかった。眠りを誘おうと思った。夜11時21分、代行社関係者のメッセージが飛んで来た。”大変な日程、苦労しました。明日日程関連案内させていただきます…”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1737777.htm, 2018/11/11 05:00:03]