チョ・ボア、胸のときめき呼ぶ ‘完壁花美貌’

俳優チョ・ボアが7日午後ソウル陽川区木洞SBSで開かれたドラマ ‘復讐が帰って来た’ 製作発表会に参加している。’復讐が帰って来た’と言う学校暴力加害者に殺到して退学にあった後人生が狂った降福数(ユ・スンホの方)が大人になって復讐の念をおしてまた学校に帰るが予期しなく事件に巻き込まれながら起こる話を描いたドラマだ。来る10日初放送予定。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1739987.htm, 2018/12/08 05:00:02]

トゥワイス・BTS・ジャックスキス…アイドル、スクリーンで会う

人気アイドルグループが映画館通りで活動領域を広げ始めた。彼らの公演実況と舞台後姿の日常を盛ったドキュメンタリー映画が製作されながらだ。韓国を越えて全世界ファンに会うために汗ばみながら努力する姿、活動期間の中で感じる率直な心情を盛ったインタビューなどアイドルスターの多様な姿をスクリーンで会ってみることができる。もうちょうどスクリーンに顔を出してファンに近付く歌手たちの作品をで整理した。◆ トゥワイス ‘TWICELAND’, 4DXでリアリティーノムチゲデブィ3周年を迎えたガール・グループトゥワイスもコンサートムービー ‘トゥワイスランド(TWICELAND)’で去る7日スクリーンにデビューした。’トゥワイスランド’はトゥワイスが進行中のワールドツアー ‘トゥワイスランドゾーン2:ファンタジーパーク’の公演実況を盛った。シンガポール、バンコク、ジャカルタなどトゥワイスの海外ツアー姿とビハインドストーリーも会ってみることができる。映画はCGV スクリーンX(前方スクリーンと左右壁面を同時に活用する上映システム)で封切りした。4DX with ScreenX バージョンでトゥワイスのヒット曲 ‘優雅に(OOH-AHHするように)’ ‘稚魚業(CHEER UP)’ ‘ティティー(TT)’ ‘ナックナック(KNOCK KNOCK)’ ‘シグナル(SIGNAL)’ など合計17曲の舞台を会ってみることができる。◆ 防弾少年団 ‘番(回)もうステージ:もっとムービー’, グローバル石の活躍をグックザングエソアイドルグループ防弾少年団はドキュメンタリー ‘番(回)もうステージ:もっとムービー’でスクリーンにデビューした。’番(回)もうステージ:もっとムービー’は2017年防弾少年団の19ヶ都市海外ツアー現場と舞台後姿を盛ったドキュメンタリー映画だ。’2017 防弾少年団ライブトリレンマだエピソード3 ウィングスツアー’ 公演実況と防弾少年団の舞台後姿、インタビューなどを編んで作った。映画は先月15日全世界40余個国家及び地域で同時封切りした。7日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば現在まで韓国で累積観客31万5014人を記録した。また防弾少年団所属社ビックヒトエンターテイメントが6日発表したことによれば映画を観覧した全世界累積観客は196万人を超えた。◆ ジャックスキス ‘ジャックスキスエイティーン’, 20周年感動を込めて…グループジャックスキスはデビュー20周年を迎え去る1月封切りした映画 ‘ジャックスキスエイティーン’で劇場でファンに会った。’ジャックスキスエイティーン’は18年ぶりに発売されたジャックスキス正規5集 ‘ANOTHER LIGHT’の誕生話を盛り込んだリアルドキュメンタリー映画だ。ジャックスキスメンバーたちがカムバックアルバムを準備しながら感じた音楽的苦悩、これから歩みに関する考えを盛った。映画にはウン・ジウォンがファンに “全世界に唯一ではないですか?18年を待ってくれるファンがいるか?”と言って、自分たちを待ってくれたファン ‘イエロキス’に向けたありがたい心を伝える場面もある。また映画は当時 ‘スクリーンX’に製作されて公開されたことがある。映画は去る1月18日封切りしたし累積観客は5万419人を記録した。この外にもグループビッグバンの話を盛り込んだ映画 ‘メード'(2016), SMエンターテイメント所属歌手たち舞台の感動を込めた ‘SM TOWN THE STAGE'(2015), インフィニットの成長期を扱った映画 ‘GROW:インフィニットのリアル青春ライフ'(2014)もある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1739958.htm, 2018/12/08 05:00:02]

早く来てね、こんな興行は初めだろう?

大韓民国は今 ‘ボヘミアンラプソディー’ 熱風だ。世界的なロックバンドクイーン天才ボーカルフレディマーキュリーの一代記を描いた映画 ‘ボヘミアンラプソディー’ 興行熱気がくたびれることができない。映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば去る10月31日封切りした ‘ボヘミアンラプソディー'(監督ブライアンシンガー)は封切り6株茶人7日午前10時基準前売り率26.1%で前売り順位1位を記録している。のぼったところボックスオフィス順位 ‘逆走’を見せてくれた。映画は去る10月31日封切り当日ボックスオフィス2位に始めたがたゆまぬ口コミで先月13日初めてボックスオフィス1位を占めた。以後王座を渡した後同月19日また席を奪い返し、手まめに観客を集めて封切り29日目である28日累積観客500万人を突破した。6日基準累積観客646万2878人だ。歴代音楽映画最高興行記録だ。以前最高興行作は592万人観客を動員した映画 ‘レミゼラブル'(2012)だ。’ボヘミアンラプソディー’は音楽の夢を育てたアウトサイダーで伝説のロックバンドクイーンを導くようになったフレディマーキュリー(ラミマルレック分), クイーンの音楽世界と舞台をいきいきとグリーン作品だ。クイーンは去る1973年1集 ‘クイーン(Queen)’でデビューした4人組みロックバンドで、1970~1980年代全世界音楽ファンから愛された。映画は熱い感動と戦慄を与えて私は世代にすべて等しく愛されている。封切り初盤クイーンが活発に活動した時代彼らの音楽を享受した中壮年層観客に大きい関心を催したが徐々に多様な年齢帯に選択を受けるようになり、前年齢帯の楽しむ作品になったと言う分析が出る。CGVリサーチセンターによれば封切り日から去る3日まで調査した結果20対32.5%, 30対25.9%, 40対24.4%, 50代以上13.6% など選んだ年齢帯観客分布を現わす。再観覧の割合は8.1%(同じ期間TOP10 平均3.2%)もなる。シングオロング(sing-along, 作品の歌を一緒に従って歌うこと) 上映館も話題だ。’テチァング(多くの人が同時に歌を歌うことをのぼる新造語)’で優にコンサート場を彷彿させる。高い人気でメガボックス、CGV, ロッテシネマなど国内マルチプレックス映画館のシングオロング上映館は空の座席を易しく探しにくい位だ。観客たちは歌を従って歌うことは勿論、夜光峰など応援道具を持ち込んでクイーンの音楽を十分楽しむ。クイーンの音楽は映画館で終わるのではない、音楽サイト音源順位、放送プログラムなどにまでつながった。大衆音楽公認チャートガオンチャートのキム・ジンウ首席研究委員は “クイーン関連国内音源利用量は映画封切り以後急速に増加していることと調査された”と明らかにした。映画で実際と類似するように表現されて観客に熱い感動をプレゼントした1985年進行されたエチオピア難民キア基金用意コンサート ‘ライヴエイド’はMBCから特集プログラムで編成したりした。MBCは “視聴者たちが見たがるプログラムが何なのか分析して今度特集プログラムを企てた”と明らかにしたし、プログラムは深夜時間に放送されたにも4.1%(ニールセンコリア全国家具基準)を記録した。KBS1は9日夜フレディマーキュリーの生を素材にしたドキュメンタリー ‘フレディマーキュリー、クイーン(Queen)の帝王’を、MBCは10日夜 ‘クイーン熱風’を察してみる ‘MBCスペシャル-私の心臓を引っ掻いた(Queen)’を放送する。チョン・ジウク映画評論家は “‘ボヘミアンラプソディー’ 熱風は見る楽しさを極大化したシングオロング上映館、特別官などが大きい影響を及ぼしたようだ。こんな理由でもっと多い観客が観覧して、再観覧にまでつながった”と分析しながら “が映画を通じて音楽映画に対する関心がもっと高くなったら映画文化発展にも貢献ができること”と見込んだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1740031.htm, 2018/12/08 05:00:03]

狂喜除隊からソン・テヨン ‘2018 MMA’ 特恵論難まで

2018年、一月がまだ残らなかったが、芸能界は引き続き ‘憂鬱モード’です。スターの親詐欺論難と債務事件がぞくぞく起こってです。サンイのフェミニスト論難も長期化につながっていますよ。今度一週間聞こえた嬉しい消息は ‘芸能石’ 狂喜の除隊消息です。12月第1週芸能界消息をよく見ました。狂喜、’芸能石’の帰還グループ帝国の子供たち出身放送人狂喜が国防のウィムリル終えて帰って来ました。7日午前全域式を持った彼は “多くの方が見たかったという応援をしてくださって幸せだった”と嬉しい全域所感を明らかにしました。狂喜すれば去る3月終映したMBC 芸能番組 ‘無限挑戦’が思い出すしかないですよ。狂喜は “とても惜しかった”とし “監督様、兄さんたちと別に通話して大丈夫だ”と惜しさを示しました。それとともに彼は “‘無限挑戦’ メンバーたちが一番見たかった”と言いました。狂喜はMBC 芸能番組 ‘電池的せっかい時点’で放送復帰をする予定です。所属社ボンブイエンティは “狂喜とマネージャーが会ってからいくばくもなくてぎこちないこと”と言いながら観戦ポイントを説明したんです。製作陣が除隊2ヶ月前から出演を要請したと言います。狂喜は “これからもっと明るくて元気な笑いで力を差し上げることができる狂喜になる”と抱負を押し堅めました。▼ 山が、論難はまた他の論難を生んでラッパーサンイのフェミニスト論難は長期化されている姿です。それにもかかわらず彼はユーチューブを通じて着実に自分の所信を明らかにしています。このなかに最近、彼が携わったブレンニューミュジックファミリコンサートで生じたこととSBS 悪意的な編集報道が最大のイシューで数えられています。サンイは去る4日自分のユーチューブに “(‘SBS 8ニュース’が)編集を本当に悪意的にした”とし “その所にあった状況をすべて排除したまま。私を ‘余嫌’ ラッパーフレームに合わせるために切り取って付いたのをした”と不快感をあらわしたんです。サンイは去る週末所属社ブレンニューミュジックファミリコンサートに参加してから観客と葛藤で舞台から下ったんです。SBSは去る3日サンイの公演映像を出しながら “‘余嫌’ ‘ナムヒョム’ 争うことをけしかけるきっかけがなった”とし “自分を責める一部観客を対象にするのというが公演楽しみに来た大多数に適切ではなかった”と指摘したんです。しかしSBSが報道した映像もちょっと客観的であってしたことだ事ができなは事実です。SBS 側は “報道局内部で論議中”と言ったが追後異なる立場を明らかにしなかったです。サンイはユーチューブで “放送(SBS 8ニュース)では先後すべて切った”とし “どうなった一人の分からない方々はサンイが怒って感情調節ができなくて怒ったので見るでしょう”と言いながらちょっと悔しい立場を明らかにしました。それとともにサンイは “公演場で私を冒涜してセクハラして、品物投げた方々に法的に強硬対応すること”と明らかにしました。▼ ソン・テヨン ‘MMA’ 特恵論難…息子・甥が歌手席え?俳優ソン・テヨンが ‘2018 メロンミュージックアワード(2018 MMA)’ 特恵論難に巻き込まれました。彼は去る1日ソウルコチョクスカイドムで開かれた ‘2018 MMA’ 授賞式で市場者として参加したんです。問題はこの日授賞式にお供したソン・テヨンの息子と甥が歌手席に座ったということです。このために特恵論難がおこりました。以後ソン・テヨンの所属社は “歌手席なのか全然認知することができなかったまま席を案内受けた”とし “子供達はソン・テヨンが授賞する時間の間だけちょっと座ってからすぐ下った”と解き明かしました。しかし観衆席にいたネチズンが取った ‘ジックケム’が公開され、これによりソン・テヨンの息子と甥が歌手席の中で一番良い席に座って防弾少年団の舞台を見たという事実が明らかになりました。するとソン・テヨンに対する非難の声をもっと大きくなりました。’2018 MMA’ 関係者は “状況がどうなったところで現場をまともに統制することができなかったことは私たちの責任がある”とし “良しからることが発生して授賞式に参加したアーティスト、ペンブンドルにとても申し訳ない。今度事例を教訓にしてもっと運営に注意を傾ける”と言いました。▼ 民戸、映画撮影途中顔擦過傷グループシャイニーのメンバーチエ・ミンホが映画 ‘長蛇里9.15’ 撮影途中顔に擦過傷を負いました。所属社SMエンターテイメントは去る3日 “‘長蛇里9.15’ 撮影の中で特殊効果破片が飛んで顔左側部分に擦過傷を負った”とし “当時すぐ応急室に移動して措置を取ったしこれから通院治療して経過を見守る予定”と明らかにしました。引き続き所属社は “民戸の映画撮影は準備及び移動スケジュールでもう3~4日位ヒュチァが予定されていた状況だった”とし “映画撮影復帰は十分に治療と安静を取った後進行する計画”と説明しました。チエ・ミンホが出演する ‘長蛇里9.15’は ‘仁川上陸作戦’の成功後に隠された ‘商売上陸作戦’の実話を描いた作品です。チエ・ミンホは学徒兵に資源して戦争に参加する分隊長ツェソングピル役を務めました。▼ イ・ヨンジャ・イ・サンヨブ・ティファニー・ハン・ゴウン・チョ・ヨジョン、★親たちの債務論難今週も芸能人親たちの債務関連消息は絶えなかったです。コメディアンイ・ヨンジャの実の兄とイ・サンヨブ・ティファニー・ハン・ゴウン・チョ・ヨジョンのお父さんの債務消息が知られて論難になったんです。イ・ヨンジャ所属社側は今度論難と係わって “事件当事者であるイ・ヨンジャさんお兄さんに事実可否を確認した結果お兄さんの返事でイ・ヨンジャさんは全然関与したところがないし、合意を通じてもう解決された事案なのを確認した”と立場を明らかにしました。イ・サンヨブ側は “イ・サンヨブさんの父親はお金を借りて返さなかったことと全然違った形態の事件で、事業関連紛争が生じて悔しさを争う中で、被害金額の1億ウォンの中でただ1ウォンも使ったことがない”と解き明かしました。ティファニー・ハン・ゴウン・チョ・ヨジョンはずいぶん前お父さんと年間を切ってから長くなったと明らかにして家庭事を告白したりしました。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1740021.htm, 2018/12/08 00:00:02]

ユ・スンホ、人生最後の制服物を対する姿勢 (総合)

“もう他の作品で制服を口を仕事はないです。”7日ソウル木洞SBS 13階ホールで開かれたSBS 新月火ドラマ ‘復讐が帰って来た'(シナリオキム・ユニョン・演出ハム俊豪) 製作発表会でユ・スンホがこんなに言った。製作発表会には俳優ユ・スンホ、チョ・ボア、クァク・ドンヨン、キム・ドンヨン、パク・アインとハム尊号PDが参加した。’復讐が帰って来た’と言う学校暴力加害者に殺到して退学にあった後人生が狂った降福数(ユ・スンホの方)が大人になって復讐をすると言いながらまた学校に帰るが、復讐はどころか再び予期しなく事件に巻き込まれる無茶な話を盛り込んだ暖かい感性ロマンス物だ。ユ・スンホは劇の中で暴力加害者に殺到して学校から追い出されたが、復讐のために9年ぶりにソルソングゴに帰って来た降福数で扮する。この日製作発表会でユ・スンホは “このドラマを終りにもう作品で制服を口を仕事はない”と言った。彼は “普段制服を着ることが好きだが幼く見えるか心配で放送で着ることは避けた”とし “どの瞬間考えてみるからふと今度が制服を着る最後の機会になることができるという気がして出演を決心した”と言った。ハム尊号PDはドラマ演出を引き受けた所感を言った。彼は “先立ってどんな媒体で ‘復讐が帰って来た’は無茶で暖かいロマンスという意味で ‘オングタ’ロマンスと表現してくださった”とし “撮影しながらもその部分を忘れないで明るい雰囲気を維持しようと努力をたくさんした”と言った。引き続きユ・スンホは ‘復讐が帰って来た’を選択したまた他のきっかけを明らかにした。彼は “本当におもしろくてシナリオを読むのに私がずっと笑っていたよ”とし “過去に学校を通った時経験したことのように美しくてきれいな姿で作品がいっぱいになるという点が良かった”と言った。引き継いで “ロマンスだけではなく劇の中で人物たちがお互いにと過去から縛られた事件も解いて行く姿など多様な話が乱雑ではないようによく盛られているという点も魅力的だった”と付け加えた。劇の中でユ・スンホと対立する人物オ・セホを務めたクァク・ドンヨンはユ・スンホと呼吸を合わせながら感じた点を言った。クァク・ドンヨンは “必ずしたい話だったが、ユ・スンホと撮影する度に目つきがあまり私をときめくようにしていたよ”とし “(ユ・スンホの) 基本装着された目つきが本当におぼろげで甘美で ‘私を好きだか?’と誤解するほどだった”と言ってユ・スンホを荒てるようにした。ドラマでクァク・ドンヨンはソルソングゴ信任理事長オ・セホに扮する。彼はハンサムな外貌とジェントルした性格を持ったが、実際は復讐に向けた劣等感で固く団結している男だ。クァク・ドンヨンは “その間他の作品で演技したキャラクターや、大衆が私に持っているイメージと違う悪役を消化するようになった”とし “シチォングザブンドルがこの作品を見て普段私に関して分かっていた姿と違って異質感を感じないように熱心に努力している”と言った。引き継いで “外的でも変化を与えようと努力しているから見ながら ‘あの人がクァク・ドンヨンだったの?’と驚く楽しさもあるでしょう”と付け加えた。ユ・スンホの劇の中で相手学ぶチョ・ボアで、過去降福数の初恋と同時にズケズケと ‘ファクト’を飛ばす時間制教師手修正を務めて熱演を広げる。この日チョ・ボアは ‘復讐が帰って来た’で視聴者に与えたいメッセージを言った。彼は “最近私どもが学校から主に撮影している”とし “この作品には校内暴力や一人ぼっち問題、受験生が入試によって受けるストレスと抑圧みたいなものなどがリアルで盛られている”と言った。引き継いで “ロマンスもあるがそんな重みある社会問題もよく扱っているからおもしろく見てくれてほしい”と付け加えた。ユ・スンホとチョ・ボアは同時間帯競争作であるMBC ドラマ ‘ナプンヒョングサ’も言及した。ユ・スンホは “この作品が遅く始めて不利なのは事実だがジャンル的でも雰囲気敵に他のドラマと非常に違うでしょう”とし “誰も過去学生時代の思い出があるから ‘復讐が帰って来た’を見れば惚れるしかないと思う。それがうちのドラマだけの魅力だ”と言った。チョ・ボアは “私も ‘ナプンヒョングサ’を視聴した”とし “そのドラマも本当におもしろいがこのドラマと色がとても違う”と説明した。引き継いで “‘復讐が帰って来た’ 万の色とエネルギーが反映されてロマンスだけではなく社会問題も扱うから差別化されると思う”と付け加えた。ユ・スンホはドラマで自分を下ろして熱心に壊れたと告白した。彼は “こんなジャンルはしてみたことがなくて自信がいなかった”とし “しかしやってみなかったでもっと欲心が生じていたよ”と言った。また “や自分を下ろすのは難しくなかったがしなかったというのがかかっていたよ”とし “ずっと撮影をするほどもっと壊れるから心配になって監督様に ‘これでも良いか’と聞いたが ‘大丈夫だ’と言う返事が帰って来て熱心に撮影した”と付け加えた。この日製作発表会では視聴率公約も発表された。チョ・ボアは “‘復讐が帰って来た’ 視聴率が15%を越えれば弘益大学で市民たちに無料でコーヒーを配ってフリー・ハグズをして上げる”と言った。一方SBS 新月火ドラマ ‘復讐が帰って来た’と言う来る10日午後10時最初放送する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1740012.htm, 2018/12/07 17:49:23]

ハイライトヨン・ジュンヒョン、誕生日電光板プロジェクト43% 達成…締め切り日は?

‘ヨン・ジュンヒョン誕生日サポート43% 達成!’ファンとスターが一緒に呼吸する所 ‘ペンエンスタ’が先月23日グループハイライトヨン・ジュンヒョンの誕生日サポートをオープンした。現在該当のプロジェクトは43% 達成された状態だ。ヨン・ジュンヒョンの誕生日イベントは ‘ペンエンスタ’とライト(ハイライトファンクラブ名前)の協力に完成される。プロジェクトに集まる星(ポイント) 個数によって多くの場所にある電光板でヨン・ジュンヒョンの誕生日を祝う映像を上映する。イベント参加は ‘ペンエンスタ’ ホームページ及びアプリケーションで可能だ。ファンが多様な活動をしながら得た星をヨン・ジュンヒョン誕生日イベントに寄付する方式だ。先立って ‘ペンエンスタ’は去る6月8日メンバーユン・ドゥジュンの誕生日イベントを開いた。ファンの熱烈な声援で400% 果たした。7月3日から9日まで日本東京新宿新大久保駅とソウル地下鉄2号線43改易待合室、弘益大駅電光板でユン・ドゥジュンの誕生日祝い映像を上映して関心を集めたことがある。ユン・ドゥジュンに引き続きヨン・ジュンヒョン誕生日プロジェクトも成功することができるか関心が集中される。イベントは9日まで進行される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1740013.htm, 2018/12/07 17:15:49]

“早く来てね韓国は初めだろう?”…’PMC:もっとバンカー’ 海外演技派総出動

映画 ‘PMC:もっとバンカー’ 側が映画に出演する海外俳優たちのスチールを公開した。配給社CJエンターテイメントは7日 ‘PMC:もっとバンカー’に出演するジェニファーエルとキャビンドランド、マリックヨバ、スペンサーダニエルスなどの姿が盛られたスチールを公開した。公開されたスチールでジェニファーエルは自分とアメリカの利益のためにグローバル軍事企業PMCのブルレックリゾドチームを地下30M バンカーに行かせる姿が盛られた。役目に移入した彼の姿で専門家らしい感じをぷんぷんと漂う。ジェニファーエルは劇の中でCIA 核心チーム長メックケンジ役を務めた。イギリスドラマ ‘プライドと偏見’と映画 ‘キングススピーチ’を通じて韓国でも顔を知らせた学ぶ。彼は “リアルタイムという点が魅力的だったし、おもしろいコンセプトだった”とし “映画のストーリーも今までした映画と違いエネルギーと活力があふれた”と明らかにした。キャビンドランドは映画に動感を吹き入れるマクス役を務めた。公開されたスチールで老練なグローバル用兵の姿をうかがうことができる。映画 ‘リアル・スティール’ ‘ノア’ などに出演したキャビンドランドはキム・ビョンウ監督の ‘もっとテロライブ’ ファンなので脚本を読むやいなや映画を選択したと知られた。マリックヨバは正義感あふれてばか正直なジェラルド役を務めた。公開されたスチールには彼の頼もしい姿が盛られた。マリックヨバは新造語 ‘タルルルだと’が誕生した映画 ‘クール・ランニング’でデビュー、ハルリウンドで着実に作品活動をして演技力を積んだ学ぶ。スペンサーダニエルスはインターンローガン役を務めた。間抜けてみえた彼の姿はスチールでよく現われる。スペンサーダニエルスは “‘PMC:もっとバンカー’に参加しながら好きな俳優たちと監督様も会って韓国リュックサック旅行も一緒にすることができて本当に良かった”と言った。’PMC:もっとバンカー’はグローバル軍事企業(PMC)のキャプテンエイヘブ(ハ・ジョンウの方)がCIAから巨額のプロジェクトを依頼されて地下30m 秘密バンカーに投入されて作戦の背を握ったドクター綸旨の(イ・ソンギュンの方)と一緒に広げるリアルタイム生存アクション映画だ。12月26日封切り。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1739996.htm, 2018/12/07 16:13:51]

キム・ジェドン、キム・ジョンウンをほめたたえたと?…製作陣 “深刻な歪曲”

KBS 時事教養プログラム ‘今夜キム・ジェドン’ 側がプログラムを向けた非難報道に対して ‘深刻な歪曲’と駁した。KBSは6日公式報道資料を出して “去る12月4日放送がキム・ジョンウンをほめたたえたり濾過なしに出したという報道は事実を深刻に歪曲している”とし “スタジオに出演したイ・ジュンソクバルンミレだ最高委員とシンジイェ緑色党共同委員長関して批判的な立場の討論を引き続いた。キム・ジェドンMCもキム・ジョンウンバングナム歓迎団体の出現に対する政治権の批判的な反応を直接伝達して中立的な立場を立て通した”と明らかにした。製作陣はまた “が団体のインタビューはもう幾多のマスコミでもう報道されたことがあり、この団体の記者会見内容も詳らかに引用されて記事が出ている。キム・ジョンウンバングナム歓迎団体を扱った記事を皆 ‘讃揚記事’と見られないことのような脈絡で製作陣は判断する”と伝えた。論難になった部分はキム・スグン団長とのインタビュー場面で ‘今夜キム・ジェドン’ 放送分で約2分間電波に乗った。キム団長は ‘今夜キム・ジェドン’とインタビューで “キム・ジョンウンが偉人という話をしながらタブーを壊したかった。’我が国の社会がどの位来ただろうか?私を捕えて連れ行くか?’という考えもした”と言った。放送で彼は “とたい話は ‘私が思う自由をくれ’と言うのだけだ”と強調した。キム・スグン団長は先月26日午後ソウル光化門で “私はキム・ジョンウン国務委員盲人の熱烈なファンだ。私は共産党が良いです” などの発言をして論難になったことがある。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1739983.htm, 2018/12/07 14:50:05]

‘復讐が描く復讐話’…ドラマ ‘復讐が帰って来た’

俳優ユ・スンホとチョ・ボア、ハム俊豪監督、パク・アイン、クァク・ドンヨン、キム・ドンヨンが7日午後ソウル陽川区木洞SBSで開かれたドラマ ‘復讐が帰って来た’ 製作発表会に参加している。’復讐が帰って来た’と言う学校暴力加害者に殺到して退学にあった後人生が狂った降福数(ユ・スンホの方)が大人になって復讐の念をおしてまた学校に帰るが予期しなく事件に巻き込まれながら起こる話を描いたドラマだ。来る10日初放送予定。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1739985.htm, 2018/12/07 15:06:52]

‘ホームショッピング退出論難’ キョン・ミリ、魔女狩りvs 道義的責任

‘キョン・ミリさんが自分の過失なしにむしろ大株主という理由またはその夫が拘束されたという理由によって社会的指弾の対象になることは不当です。’俳優キョン・ミリは去る2016年8月3日自分の夫イさんが株価操作疑いで拘束と関連法律代理人法務法人D社を通じて ‘(夫問題と) キョン・ミリは無関係なこと’と言いながら公式立場を明らかにした。当時キョン・ミリ夫は問題になったボタバです株価を操作して不当利得を取りそらえた疑いを受けた。ソウル南部地検ズンググォンボムジェハブドングスサダンは資本市場法違反(気配操縦と虚偽公示) 疑いでその年7月30日イさんを拘束した。キョン・ミリが一番調子が悪がった部分は外でないマスコミ報道だった。夫拘束によって自分に集まる関心が好意的ではなかったからだ。異例的に法務法人を通じて ‘夫問題による自分の人格と名誉がむやみに毀損されないようにしてくれ’と要請した理由だった。キョン・ミリ夫このさんはそれから2年4ヶ月が去る今年の11月2日ソウル南部地裁刑事合意12部(シムヒョングソブ部長判事) 心理に進行された資本市場と金融投資業に関する法律違反疑い宣告公判で懲役4年に罰金25億ウォン判決をもらった。これと関してキョン・ミリの立場(入場)は拘束当時と大きく変わらなかった。相変らず ‘夫と私は別個’ ‘無関係だ’と言う立場を固守していて、所属社やっぱり “個人事だと分からない”と言う立場を繰り返している。キョン・ミリはその間放送を通じて何回も芸能人株式金持ちで知られてがっちりしている富力が言及されたが、夫と係わった何の謝りや公式立場(入場)なしにホームショッピング活動を活発にして来た。去る11月26日初放送を始めたSBS 連続ドラマ ‘江南スキャン’にも蹉跌なしに出演の中だ。結局彼の放送退出を要求する国民請願が登場しながら論難ではみでた。去る4日青瓦台国民請願掲示板には ‘キョン・ミリのホームショッピング出演が不便です’という題目の文が上って来た。夫イさんの懲役刑が宣告になった以後 ‘妻として最小限の謝りと自粛の姿を見せてくれなければならないじゃないか’と言う声だ。これは先立って放送人キム・ナヨンの処身と大きく比較になった。キム・ナヨンは先月23日夫の200億台詐欺事件に対して “夫の職業に対してよく分からなかった自分が怨しい”とし “夫はジェッガブを受けること”と直ちに謝った後放送行事スケジュールとユーチューブ活動をオールストップした。キム・ナヨンの夫は何人の経済人たちと不法社説先物オプション会社を開設して200億ウォン台ののみ行為を取得した疑いで拘束された。キム・ナヨンは謝罪文を通じて “私も今度仕事をきっかけで自分自身を返り見て私ができる限り良いことで社会に貢献することができるように努力する”と念をおした。青瓦台国民請願掲示板に文を書いた請願者は “キョン・ミリのホームショッピング放送退出を請願する。夫の株価操作は ‘ビット’よりもっと深刻な犯罪だ。キョン・ミリの名義がこんな犯罪に利用されたが被害者に謝り一言なしに化粧品だけ売っているのか理解することができない”と主張した。国民請願直後ホームショッピング会社にも火の粉が飛んだ。ネチズンたちは現代、GS, CJ, ロッテなどキョン・ミリファクトをランチングして来た放送社側に一斉に砲火を浴びせている。あるホームショッピング会社関係者は匿名を前提に “急に否定的世論が澎湃として実は難減下だ”とゾシムスロウォした。芸能界は最近 ‘ビット’という新造語が生ずるほど家族関連問題でうるさい。若やでも世論集め式魔女狩りで無茶な被害者ができてはいけない。ただ夫が虚偽公示で株価を操作して巨額ののみ行為を得た疑いで実刑を宣告されたら “出て無関係だ”と言うのも不合理な話だ。家族と言う(のは)嬉しい時や悲しい時や一緒に享受して責任を負う関係だ。’夫がもう罰を受けているのに私がなぜ?’と言いながらボゾッが自分の行く道を行くという姿勢は正しくない。キョン・ミリはイさんと再婚後株式金持ちになり、自分の名前値で多様な恵みを受けている。人気を業苦社は大衆スターならその人気を与えた大衆を向けて最小限の道義的責任を負う姿勢は必須だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1739971.htm, 2018/12/07 13:43:16]