アイコン・防弾少年団3冠王…進行・多不参 ‘玉にきず'(総合)

hH9beqB_o

グループアイコン科防弾少年団が ‘ガオンチャートミュージックオウォズ’でそれぞれ3冠王に上がる栄誉を抱いた。23日ソウル松坡区蚕室室内体育館で ‘第8回ガオンチャートミュージックオウォズ’が開催された。この日MCでは歌手キム・ジョングクとグループ某某ランドメンバーナンシーが出た。この日授賞式の対象柄である今年のアルバム製作上の主人公はアイコンだった。彼らは今年のアルバム製作上を含めて、今年のロンクラン音源上、今年の歌手上(デジタル音源部門) など三つの部門受賞者に名前をあげる快挙を成した。アイコンは “受賞所感をこんなにたくさんやってみたのが初め”と言いながら “倒れる度に肯定的な機運で進んだ。この歌が多い愛を受ける前スタッフが多い汗と涙を流したから出ることができた”と受賞所感を明らかにした。この日授賞式で音源部門今年の歌手上は月別で、アルバム部門今年の歌手上は半期あまり発表された。1月から3月の音源部門今年の歌手上はアイコンロイ・キムビッグバンが順に受けたし、トゥワイスが4月と7月に至ることをあげた。5月はボルパルガンサツンギ、6月はブラックピンク、8月はレッドベルベット、9月はイム・チャンジョン、10月はアイユ、11月はジェニだった。またアルバム部門今年の歌手上は1半期ワーナー院、2, 3半期防弾少年団、4半期エックソが受賞した。今年の新人賞はデジタル音源部門 (女)子供達、ギムハオン、オフラインアルバム部門ストレイキッズ、アイズ院など四チームが引っつかんだ。今年のワールドルーキー商銀ダボ伊豆と某某ランドに帰った。この日授賞式は星の祭りとして派手な見どころと楽しい雰囲気で視線を捕らえた。しかしMC ナンシーの青臭い進行、防弾少年団エックソワーナー院など多数受賞者たちの不参などで惜しい心を残した。次は ‘第8回ガオンチャートミュージックオウォズ’ 受賞者名簿だ。新人賞(デジタル音源部門) – (女)子供達、ギムハオン新人賞(オフラインアルバム部門) – アイズ院、ストレイキッズ今年の歌手上 (デジタル音源部門)- アイコン (1月 ‘愛をした’)- ロイ・キム (2月 ‘あの時別れれば良くて’)- ビッグバン (3月 ‘花の道’)- トゥワイス (4月 ‘What is Love?’・7月 ‘Dance the Night Away’)- ボルパルガンサツンギ(5月 ‘旅行’)- ブラックピンク (6月 ‘トドトも’)- レッドベルベット(8月 ‘Power Up’)- イム・チャンジョン(9月 ‘一日も君を愛しないことがなかった’)- アイユ(10月 ‘ポケットベル’)- ジェニ(11月 ‘SOLO’) 今年の歌手上(オフラインアルバム部門)- 1半期ワーナー院 (0 1=1(I PROMISE YOU)- 2・3半期防弾少年団(LOVE YOURSELF 転 ‘Tear’, LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’)- 4半期エックソ (DON’T MESS UP MY TEMPO) ハッポポモンスサング – セブンティーン今年のポピュラーシンガー上 – ザングドックチォルオルヘの海外音源上 – カミラカベです(‘Havana’) 今年のワールドルーキー上 – ダボ伊豆、某某ランド今年の発見上 – ベン (バラード部門), ポンチ (R&B 部門) 今年のロンクラン音源上 – アイコン (‘愛をした’) 今年の作詞が・作曲仮想 – 立たれ、テデー今年の失恋刺傷 – チョン・ゼヒ、キム・ミジョン・身の上院今年のスター日常 – 至恩今年のコリオグラピサング – 手性得K-POP 貢献上 – 防弾少年団K-POP 月ドハンリュスタサング -セブンティーン今年のアルバム製作上 – アイコン
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743845.htm, 2019/01/23 22:57:52]