ソン・イェジン-ヒョンビン ‘熱愛説’, オンドルの火だけ焚いたか

gOwIaqB_o

芸能界で出回るうわさは大体そのままうわさである可能性が多い。根拠なしに出回りながら肉が付いて全然無茶な方向に流れる場合もある。また真偽可否を別にして一応拡散になれば消しやすくないのみならず、だんだん無くなったようならばこっそりとまた咲き始めるせいで当事者たちは本当にたまらない。或者は ‘いやの時は煙突にヨンギナヌか’とうわさのしっぽをどうしても縛りたがるが、芸能界環境と速成が分からなくて言うことだ。たまには ‘オンドルの火が分かった時も延期私は所’がすぐ芸能界だ。問題は否認した熱愛説が事実で現われる所も芸能界と言う(のは)点だ。#1:2015年7月=俳優コ・ヒョンジョン(47)とチョ・インソン(37)が空港でネチズンカメラに捕捉された。日本で並んで帰国した道だったがチョ・インソンが大きな荷カートを押してコ・ヒョンジョンはぐっと横を守った。ネチズンカメラに捕捉されたこの写真は親しい恋人の間で映って精一杯疑問を育てた。もちろん同じな飛行機に乗って入国手続きも一緒にした。ネチズンたちの関心が集まると直ちに反応が出た。二人の所属社である子供OKカンパ二ー側は “それぞれ他の非公式日程があって日本を訪問した”と “当て推量を控えてくれ”と頼んだ。当時両側の説明をまた総合してみれば二つとも公式日程はなかった。それでも各各家族を伴った旅行でもなかった。別々に旅行を行ってから偶然に、本当に偶然に空港で会って同じ飛行機に乗って帰国した。チョ・インソンは友達と個人日程で日本へ行ったことで、コ・ヒョンジョンも普段日本によく休みに行くのに時期がきっかりあって一緒に入って来ただけだ。本当に偶然だったろうか。過去ドラマの中特別な因果関係が疑惑の発端だった。彼らは2005年ドラマ ‘春の日’に出演して濃いキスシーンが話題になったことがある。◆相次ぐデート目撃談が熱愛説で、大衆スターはささいな言葉尻だけで話題#2:2016年3月=ソン・ジュンギ(34) ソン・ヘギョ(37)がアメリカソホ・ストリートでのデート目撃談がコミュニティに上って来た。ドラマ ‘太陽の後裔’が力強い人気願うことを起こした時だ。’こんなによく似合う善男善女カップルが出ることも悪くない。’中それでもドラマでの素敵なセーミを見てふたつを恋人の間で編みたい ‘リオルパ'(ドラマ上キャラクターを実際に勘違いする熱誠ファン)の熱望が増幅した時期なのでもっとイシューだった。ソン・ヘギョがSNSにあげた認証ショットだけで熱く盛り上がった。アイテムなど多くの熱愛疑惑が申し立てられたりした。両側所属社は強力に否認した。ソン・ジュンギ所属社は “ニューヨークで食事をしたことは当たるが仲間たちも一緒にいる席のため熱愛とは距離が遠い”と否認した。ニューヨークに家のあるソン・ヘギョは “お休みのため長期滞在の中であり偶然にも (ソン・ジュンギ連中と) ちょうど会った”と解き明かした。目撃者たちの説明やネチズンたちが推測する ‘連れ旅行’ではないという書き入れ時を特に強調した。熱愛説は事実無根だったろうか。ふたつは以後にも何回マスコミが提起した熱愛説を否認したが1年6ヶ月後の2017年10月の最終日結婚式をあげる。#3:2018年10月=俳優カン・ドンウォン(39)とハン・ヒョジュ(33)のアメリカデート場面がイシューの中心に立った。マートで簡単な生活必需品を死で楽な姿に一緒に歩いて行く姿はまるで映画の一場面のように親しかった。現地海外同胞がチックオオルリンことと見えるこの場面はオンラインコミュニティとSNS などに早く拡散しながら熱愛説につながった。ふたつは所属社を通じて “作品関連ミーティングのため会っただけ” “日程が重なって知人たちと何回食事を一緒にしたことであるだけ”とそれぞれ否認した。ふたつは映画 ‘ゴールデンスランバー’と ‘人狼’で呼吸を合わせた。◆ 烏飛梨落だろう?二回もはみでた熱愛説にも当事者たちは ‘事実無根’ 奥さん忘れるに値すれば一度ずつ裂けるのが芸能界熱愛説だ。今度は82年生まれおない年俳優ヒョンビンとソン・イェジンだ。経った9働いたオンラインコミュニティに上って来た掲示物が発端になった。目撃者はソン・イェジン親も一緒にご飯を食べることを見たという具体的な内容まで紹介した。ソン・イェジン側は “ご両親は韓国にいらっしゃる”と言い、ヒョンビン側は “海外にあることは迎えるが事に行ったこと”と解き明かした。21日にもはみでた。今度はショッピングモールで二人と見える後姿が撮れた。やっぱり熱愛説は “事実と違う”と両側は線を引いた。’事実無根’と否認したにもネチズンは二回もはみでた熱愛説に相変らず疑心の目つきを送っている。ヒョンビンとソン・イェジンは去年映画 ‘交渉’を通じて初めにした作品に出演したことがある。ソン・イェジンは映画封切り直後筆者とスペシャルインタビューをしながら “やけどを通じる肥大なら延期をしていると直接向い合う機会がなかった”と言った。しかし同じな建物の内で進行された映画撮影場雰囲気がよく疏通して和気あいあいした事実まで否認しなかった。ソン・イェジンがSNSであげたヒョンビンとの写真も今更違ってみた。大衆スターに対するファンの目はささいな言葉尻だけで話題になることができる。特に恋愛談は無限好奇心を刺激する素材だ。熱愛説自体でビッグイシューになって、各々隠すうちまくがあるが熱愛説を越して結婚までつながったりする。ソン・イェジンヒョンビンの熱愛説は当事者たちの積極奥さんにも先立ってカン・ドンウォン-ハン・ヒョジュの場合と特に違わない。本当に偶然ならまたオンドルの火だけ焚いて巻くハプニングで終わることはできる。それでも一つ明らかなのは烏飛梨落(烏飛梨落)が繰り返されれば疑心も深くなるしかないという事実だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743762.htm, 2019/01/23 08:41:04]