‘ドアロック’ 引き継いだ ‘ペングバン’…コン・ヒョジン魅力発散の季節

oejP9pB_o

女性俳優が主役になる作品が珍しい最近、俳優コン・ヒョジン嬉しい歩みを引き継いでいる。今度冬、コン・ヒョジンが ‘ドアロック’に引き継いだ新作 ‘ペングバン’で観客に会う。コン・ヒョジンは来る30日封切りを控えている映画 ‘ペングバン'(監督ハン・ジュンヒ・製作ホドエンユピックチョス㈱)でひき逃げ専担組一名 ‘ペングバン’に左遷されたエリート警察銀試演キャラクターで分解熱演を広げる。去年12月スリラー映画 ‘ドアロック'(監督利権)でコン・ヒョジンはいわゆる ‘チームトップ’ 主演で劇を導いた。現実とそっくりな状況の中平凡なキャラクターで変身してこれを立派に消化し、観客たちに鮮やかな恐怖を伝達した。今度は犯罪娯楽アクションだ。新作 ‘ペングバン’は ‘チャイナタウン’ ハン・ジュンヒ監督がメガホンを取った映画で、統制不能スピード狂事業家を追うひき逃げ専担組 ‘ペングバン’の孤軍奮闘活躍を描いた映画だ。映画はぴりっとするカーアクションと緊迫感あふれる展開を予告する。去る1999年映画 ‘女子高怪談2’でデビューしたコン・ヒョジンはブラウン管とスクリーンを行き交ってふとぶとした作品で活躍、大衆に愛される俳優に位置づけた。去る2006年 ‘家族の誕生’でギリシャテッサロニキ国際映画祭で主演女優賞、2008年 ‘ミスにんじん’で第7回大韓民国映画大賞主演女優賞、2017年 ‘ミシング:消えた女’で黄金撮影賞最優秀主演女優賞などを受賞して人気はもちろん演技力まで認められた。その間作品で ‘ゴルクロシ’ 魅力をよく発散して来たコン・ヒョジンだが犯罪娯楽アクションジャンルは初めてだ。主に男性俳優たちが主役で活躍するジャンルで女性俳優がタイトルロールを引き受けるということは国内観客たちがよりふんだんな文化コンテンツを享受することができるようにするという点で楽しい事だ。コン・ヒョジンは去年12月20日開かれた製作報告会で “犯罪娯楽アクションジャンルが難しかった。出演を決めて撮影しながら何か難しかったりしながらも ‘あ、こんな楽しさだね。男俳優たち良いだろう’は気がした”と言った。コン・ヒョジンが楽しさを感じた ‘ペングバン’で彼が果してどんな活躍を広げるか予備観客たちの期待が高くなる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743697.htm, 2019/01/23 05:00:03]