‘月刊ユン・ジョンシン’ 1月号、今日の公開。..別離タクシー引き継いで ‘別離お客さん’

GpwWaqB_o

‘別離タクシー’ 感性を引き継いで今度は ‘別離お客さん’だ。歌手ユン・ジョンシン所属社ミスチックエンターテイメントは23日公式報道資料でユン・ジョンシンの月刊音楽プロジェクト2019 ‘月刊ユン・ジョンシン’ 1月号 ‘別離お客さん’が今日(23日) 午後6時に公開されると明らかにした。’別離お客さん’はユン・ジョンシンが作詞した ‘別離タクシー’ の中タクシー運転手の時点で新しくされた歌だ。’別離タクシー’でお客さんが “どこに行かなければならないでしょうおじさん / 泣くお客さんが初めてでしょうか”と言いながらタクシー運転手に聞いたら、’別離お客さん’はタクシー運転手が後席に座ったお客さんに暖かい慰労の言葉を掛ける。’別離お客さん’ 歌詞を書いた ‘DESK(デスク)’ パク・ミンウ作家は “ある日 ‘別離タクシー’を聞いている途中ふと家事の中に登場するおじさんの心はどうだったろうかと言う考えが擦れてタクシー運転手の時点に進行される話を想像した”とし “タクシーおじいさんの生が付け出す家事で人々に小さい慰労を電荷そのたかった”と言った。引き継いで “ユン・ジョンシンプロデューサーが私の話に共感してくださるとは本当に嬉しい”とし “‘月刊ユン・ジョンシン’の長長しい旅程に少しでも力を加えることができて光栄だ”と所感を明らかにした。所属社によれば ‘別離お客さん’は ‘月刊ユン・ジョンシン’が始まった以後最初でサポートメールで作業が成功した結果物だ。その間幾多の創作者がミスチックエンターテイメントと ‘月刊ユン・ジョンシン’ これから自分が作った歌を送ったが、ユン・ジョンシンの選択を受けて実際作業までつながったことは今度が初めてだ。ユン・ジョンシンは “こんなに歌をよく書いてよく作る友達なら一緒に作業しない理由がないと思った”とし “家事の発想と話法も気に入って、最後まで聞くようにする力があった”と伝えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743769.htm, 2019/01/23 09:36:01]