ソン・ソクヒ “不法請託断っただけ、暴行なかった” (公式立場)

h6wdjqB_o

ソン・ソクヒJTBC 社長が不法就職請託と係わって公式立場を明らかにした。JTBCは24日午後 “相手の主張する内容は全然事実ではないことを明らかにします”と公式立場(入場)を伝えた。引き継いで “Kさんが手社長に不法的に就職を請託したがつぼにはまらないとむしろ手社長を脅かしたのが今度事案の本質です”とし “Kさんは他の放送社記者出身で情報提供が縁になって約4年前から分かった間です。放送社をやめたKさんは長い間ソン・ソクヒ社長に正規職、または彼に準する条件で就職するようにしてくれという請託を執拗にして来ました”と状況を説明した。Kさんが主張する暴行に対しても “今度事案当日にも同じ要求があってこれを断ると急に怒りながらすぎるほど興奮しました。’精神ちょっと調えなさい’と手でとんとん触れたのが事案の全部です”と事件の本質を明確にしようとした。またソン・ソクヒ社長の軽い接触事故件で正規職特採を露骨的に要求したというKさんにソン・ソクヒ社長は “‘正規職でも契約職でも特採は会社規定に従わなければならない’と一貫されるように話すと最近には巨額を要求するまでしました”と付け加えた。最後に “ソン・ソクヒ社長はKさんを相手で恐喝など疑いで検察に訴状を提出した”とし “手社長の立場を尊重して捜査を通じて真相が明確に糾明されるのを期待します”と言った。先立って多数媒体はフリーランサー記者がソン・ソクヒJTBC 代表取締役から暴行にあったという申告が受付されて警察が内査に取り掛かったという報道を伝えた。彼ら媒体によればフリーランサー記者Kさんは “去る10日午後11時50分頃ソウル麻浦区上岩洞の一日本式酒店で手代表取締役に暴行にあった”と警察に届けて事件直後隣近交番に尋ねて暴行されたという状況を説明して三日後正式で事件受付をした。Kさんは酒店でソン・ソクヒ社長とふたりきり食事をした中顔を何回暴行されたと主張したし全治3週の傷害診断書を提出したしソン・ソクヒ社長と交わした対話内容録音ファイルも持っていると主張した。下はJTBC 公式立場専門だ。まず相手の主張する内容は全然事実ではないことを明らかにします。Kさんが手社長に不法的に就職を請託したがつぼにはまらないとむしろ手社長を脅かしたのが今度事案の本質です。Kさんは他の放送社記者出身で情報提供が縁になって約4年前から分かった間です。放送社をやめたKさんは長い間ソン・ソクヒ社長に正規職、または彼に準する条件で就職するようにしてくれという請託を執拗にして来ました。今度事案当日にも同じ要求があってこれを断ると急に怒りながらすぎるほど興奮しました。”精神ちょっと調えなさい”と手でとんとん触れたのが事案の全部です。2017年4月ソン・ソクヒ社長は駐車場で後進して牽引車両と軽い接触事故を起こして慈悲で賠償したことがあります。接触自体が分からなくて席を発った位に車に引っかかれた跡もなかったが、自分の車に触れたという牽引車両運転手の言葉を聞いて双方合意をしたのです。Kさんは去年夏どこかでこの事実を聞いて尋ねて来て “何でもない事故だが先輩が係われば大きくなる”とし “記事化することもできる”と脅かしました。Kさんはその後直接尋ねて来たり文字メッセージを送って正規職特採を露骨的に要求し始めました。ここにソン・ソクヒ社長は “正規職でも契約職でも特採は会社規定に従わなければならない”と一貫されるように話すと最近には巨額を要求するまでしました。これと関してソン・ソクヒ社長はKさんを相手で恐喝など疑いで検察に訴状を提出しました。JTBCはこのような手社長の立場を尊重して捜査を通じて真相が明確に糾明されるのを期待します。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743959.htm, 2019/01/24 19:31:42]