シュー、賭博疑い認定…ネチズン ‘ザルがシュ’

uTMikqB_o

ひとときはS.E.Sの愛いやつを担当した彼だ。’妖精’と呼ばれたりした。しかし今日法廷に立った彼は首を下げて “申し訳ない”と言う言葉だけ重ねて繰り返した。’妖精’の見窄らしい末路にネチズンたちも多く衝撃を受けたようだ。シューは24日午前ソウル東部地方裁判所で刑事11単独で開かれた裁判に参加した。この日シューは海外常習賭博疑いで非拘束起訴された後初の公判で公訴事実を皆認める姿を見せた。マカオ等地で合計26回にわたった7億ウォン相当の賭博疑いを認定、深く反省しているという点をアッピールした。以後シューはイーデイリーと単独インタビューを進行して現在心境を伝えたりした。彼は “モノポリーのような小さいゲームも上手ではなかった私が賭博をするようにドエルズルは夢にも分からなかったです”と言いながら “賭博というのがあまりにも恐ろしくて、一人と家庭を食うことができることなのを切実に悟りました”と過ちを悔やんだ。しかし焚くもう遅れた。巨額のお金で賭博をしたシューに向けた大衆の反応は冷たいだけだ。”モノポリーと賭博が同じなの?それをどうして比べながら話をなぜするか。もっと悪口を言われるように”(suba***), “モノポリーする子たちはすべて勝負師になるのか?なにいってんの”(amor***), “シャネル眼鏡のフレームにルイビトン財布誇るように”(fasc), “トルチョネゲッシュ”(mina***), “ザルがシュ”(hiro***), “マングヘッシュ”(rsvp***) シューの次の公判期日は2月7日午後3時20分だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743941.htm, 2019/01/25 00:00:02]