ソン・ソクヒ側 “2017年接触事故同乗者、明白な虚偽”(公式)

Qv6BnqB_o

JTBCがソン・ソクヒ社長と係わった各種虚偽主張に対して追加立場を明らかにした。JTBCは25日報道資料を出して “手社長は2017年接触事故当時同乗者があったという主張と一部報道は明白な虚偽なのを明らかにする”と言った。引き継いで “これを証明する根拠も捜査機関に提出すること”と言いながら “今度事案を意図的に ‘ソン・ソクヒ傷つける’に駆って行って事件の本質を濁ごそうとする問題当事者キム・ウンさんの意図で見える”と伝えた。それとともに “これを含んだ今度事案を取り囲んだすべてのにせ物ニュース作成者と流布者、これを事実であることのように伝える媒体に対しては追加告訴を通じてきっぱりと対応する”は意思を表明した。JTBCは “問題の当事者であるキム・ウンさんが手社長に巨額を要求する内容などが盛られた具体的な恐喝脅迫の資料はいちいち明らかにする代わりに捜査機関に皆提出する”と付け加えた。24日警察によればキム・ウンは去る10日午後11時50分頃ソウル麻浦区上岩洞一酒店で手社長に暴行にあったと主張して警察に届けた。キム・ウンは手社長に顔を何回暴行あって、全治3週の傷害を被ったと診断書まで提出したと知られた。ここに手社長と対話内容録音ファイルまで持っていると主張して波長が大きくなっている。JTBCはこれと関して “キム・ウンさんが手社長に不法的に就職を請託したがつぼにはまらないとむしろ手社長を脅かしたのが今度事案の本質”と明らかにした。暴行と係わっては “今度事案当日にも同じ要求あり、これを断ると急に怒りながらすぎるほど興奮した”とし “‘精神ちょっと調えなさい’と手でとんとん触れたのが事案の全部”と立場を明らかにした。手社長はまたこの日JTBC ‘ニュースルーム’で “ニュース手始めの前に短く申し上げる。今日私に対する記事でたくさん驚いた並び分かる。私としては申し上げるお話が多いが事実と主張は厳然に違うという話だけする”とし “司法当局ですべてのものを明らかにしてくださろう信じ終わる今後とも搖れることなしに ‘ニュースルーム’を進行して行く。なによりも ‘ニュースルーム’を視聴してくださった皆さんに心配おかけするようになって申し訳ないという話を伝える”と短く立場を明らかにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743995.htm, 2019/01/25 13:35:42]