回当り20億ウォン ‘キングドム’ 公開の日、ネットフリックス 亜で飛びあがろうか

ImNXnqB_o

世界的なオンライン動画ストリーミングサービスネットフリックスの新しいオリジナルシリーズ ‘キングドム’の公開日が明るかった。国内、ひいてはアジアの初オリジナルシリーズだ。本格的なアジア狩りに始動させたネットフリックスが ‘キングドム’でアジア圏で立地が強固にできるようになるか全世界の耳目が傾く。俳優チュ・ジフンリュ・スンリョンべ・ドゥナ主演 ‘キングドム'(シナリオキム・ウンヒ・演出キム・ソンフン)は今日(25日) 午後5時ネットフリックスで全世界同時公開される。回送は皆6編で早目にシーズン2度予告された。飢えた者等が疫病で化け物になる。新しい ‘ゾンビ物’だ。’キングドム’は15, 16世紀頃朝鮮を背景で人間権力に対する誤れた貪欲、ミン初たちのひもじさ、これと対立して戦う闘い社を描くミステリースリラードラマだ。27個言語字幕、12種言語ダビングが190ヶ国ネットフリックスファンに会う。ネットフリックスの本格的なアジア攻勢が始まった。去年11月ネットフリックスはシンガポールで ‘ネットフリックスSee What’s Next:Asia’という題目でラインナップ行事を開催した。去る2016年ネットフリックスアジアランチング以後APAC 言論と企業そしてビジネスパートナーが参加するアジア最初のマルチタイトルラインナップイベントだった。韓国を含めて日本シンガポール台湾タイなどアジア11ヶ国300余人が席を輝かした。ネットフリックスは190ヶ国、約1億3700万名の加入者と一緒にする世界最大オンライン動画ストリーミングサービス会社だ。しかし北米地域オンライン動画サービス(OTT) 市場ではアマゾンプライム、フルでなどから1位席を脅威受けていて、アジア太平洋地域シェアは約9%(グローバルメディアの調査会社デジタルTVリサーチ基準)に止める。当時行事でネットフリックスはアジアを重要な市場で見ているという点を強調した。最高コンテンツ責任者テドサランドス(Ted Sarandos)はアジアの中でも韓国市場に注目する理由を説明して “全世界的に韓国の映画とTV コンテンツが好きな人々が多いという点を大きく見ている。それで韓国はアジア地域戦略投資に重要な部分”と明らかにした。連れて ‘キングドム’にも大きい関心を表明した。創立者かたがたCEO リードヘイスティングス(Reed Hastings)は “‘キングドム’が全世界で愛されると思う”と ‘キングドム’を注目した。アジアランチング以後映画 ‘玉姿’, ドラマ ‘ミスターションシャである’ など国内コンテンツ製作に約1700億ウォンを投資したネットフリックスだ。’キングドム’には回当たり約20億ウォンが入って行った。私は回送4K 高画質に製作されて動感にあふれる良質の映像美を期待してみることができる。’シグナル’ キム・ウンヒ作家、’トンネル’ キム・ソンフン監督は手を取り合ってネットフリックスという自由な環境で想像力を思いきり広げて見せた。キム作家は普段関心あった ‘ゾンビ’ ‘歴史’ などのキーワードを今度 ‘キングドム’にそっくりそのままとかした。キム作家は多数行事席で “(国内プラットフォームより)表現の制約で楽だった”と言う言葉を惜しまなかった。コンテンツの質とストーリーを重要にここはネットフリックスが決心して製作コストは勿論、真心を降り注いで作り出した ‘キングドム’.この日公開を踏み台としてネットフリックスがアジア太平洋地域で悠悠と飛びあがることができるか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743987.htm, 2019/01/25 15:00:02]