外貨行っていよいよ 韓 ヤングファワッネ

SrdtnqB_o

韓国映画がボックスオフィス上位圏席をまた占めた。2018年一年の間外貨に滞ってめったに力を発揮することができなかったのに、今年からは雰囲気が反転された姿だ。一緒にして1月一ヶ月間長期間ボックスオフィス上位圏を占めていて、今年の一年韓国映画の良い機運を予告した。25日映画振興委員会映画館入場券統合ネットワーク集計結果によれば去る23日封切りした ‘極限職業'(監督イ・ビョンホン)は24日一日の間33万1798人を動員して累積観客72万4435人を記録した。ボックスオフィス1位に、早い興行速度だ。このままなら封切り初週ぶりに100万突破は軽いようだ。’極限職業’は解体危機の麻薬組5人方が犯罪組織掃討のために偽装創業した麻薬チキンが一躍おいしい店で口コミに乗るようになって起る話を盛り込んだコミックスサグックだ。イ・ビョンホン監督の足が強いせりふと俳優リュ・スンリョン、イ・ハヌィ、ジン・ソンギュ、李東輝、功名などの鏡餠相性は見る間一時も目をはなすことができなくする。ボックスオフィス2位は ‘マルモイ'(監督オムユや)だ。去る9日封切りしたこの映画は封切り以後長い間の時間ボックスオフィス1位を守って長期興行を引き続いた。’マルモイ’は24日一日の間4万424人を動員、累積観客247万105人を記録した。ユ・ヘジン特有のコミックスロウン面貌がよく現われた ‘マルモイ’は国史の中隠された話を一緒に盛った。おかげさまで感動とコメディー、ヒューマンなどがよく一団となって老若男女問わず皆が楽しみやすい映画だ。また ‘犯罪都市’から朝鮮族ザングチェンで強烈な演技を広げたユン・ゲサンの延期変身が人目を引く。だけでなくギムホングパ、右舷、キム・テフン、キム・ソンヨン、ミンジンウングなど演技派俳優たちが一緒にして映画の完成度を高める。3位は ‘内案のあいつ'(監督カン・ヒョジン)だ。’マルモイ’のような捺印9日封切りしたこの映画は去る24日一日の間2万2825人を動員、累積観客178万3816人を記録した。陣営、パク・ソンウン主演のこの映画は偶然な事故で魂が変わったおじさんと高校生の話を盛り込んだ。有り勝ちな設定と素材で、映画興行に対する期待がなかったことが事実。しかし ‘内案のあいつ’は皆の予想を覆して、損益分岐点である150万名を超えた。口コミに乗って長期興行を引き続いている ‘内案のあいつ’は今後ともたゆまぬ観客を集めるようだ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743986.htm, 2019/01/25 13:00:02]