盛りだくさんの2月映画館通り、期待作 ‘アルリタ’・’証人’・’サバハ’

xoQikqB_o

来る2月、SF アクションからミステリースリラーまで盛りだくさんのジャンル映画が観客に会う。観覧欲求を刺激する期待作三つ、’アルリタ:バトルエンジェル’ ‘証人’ ‘サバハ’に関心が集まる。◆ “‘アバター’ 以後最高のCG”…’アルリタ:バトルエンジェル”先に、今年一番目アクションブロックバスター映画で視線を集める ‘アルリタ:バトルエンジェル'(監督ロバートロドリゲズ)が来る2月5日劇場を尋ねる。’アルリタ:バトルエンジェル’は26世紀、記憶を失ったサイボーグ少女アルリタ(ロササラザール分)の話を描いた作品で、歴代全世界映画興行順位1, 2位の ‘アバター’ ‘タイタニック’のジェームズ・キャメロンが製作したし、’シン・シティ’ ロバートロドリゲズ監督がメガホンを取った。映画の主役ロバートロドリゲズ監督、ゾーンランドープロデューサー、俳優ロササラザールは映画封切りに先立って24日来韓して国内ファンに会った。監督は “全世界的に最大のスクリーンで見せてくれている映画だ。’アバター’ 以後最高のCG, 最高の映画的経験になるでしょう。この作品は20年の間準備した”と国内ファンの期待を精一杯引き上げた。◆ ‘証人’ チョン・ウソンXキム・ヒャンギ、暖かい出会い俳優チョン・ウソンとキム・ヒャンギの暖かい呼吸が予告された。すぐ映画 ‘証人'(監督離韓・製作 ㈱無ビラック、㈱図書館のそばスタジオ)からね。’証人’は有力な殺人容疑者の無罪を立証しなければならない弁護士スンホ(チョン・ウソン分)が事件現場の唯一の目撃者であるザピェ少女知遇(キム・ヒャンギの方)に会いながら開かれる話を描いた。第5回ロッテシナリオ公募大田で大賞を受けたシナリオ、’ワンドゥギ’ ‘優雅な嘘’ 離韓監督のシナジーに完成されたし、来る2月13日封切りを控えている。今度映画でチョン・ウソンは殺人容疑者の弁護士、キム・ヒャンギは事件現場の唯一の目撃者であるザピェ少女に変身した。二人の俳優は初めには不慣れだったが徐々にお互いの本気を理解して疏通して行く二つのキャラクターでワンビョンヒ分解変化する感情線を纎細に描き出した。映画館通りを暖かい温もりで満たす二人の俳優の活躍に期待が傾く。◆ 今度には ‘新興宗教’…’黒い師弟たち’ チャン・ゼヒョン監督新作 ‘サバハ”泥棒たち’ ‘暗殺’ ‘新科一緒に-罪と着’ ‘新科一緒に-因果年間’ など並べたり口痛い興行俳優イ・ジョンジェ、’番人’ ‘同舟’ ‘それだけが私の世の中’ ‘辺山’ など出演する作品ごとに独歩的な演技力を広げて来たパク・ジョンミンこの主演だ。メガホンは ‘黒い師弟たち’のチャン・ゼヒョン監督が取った。主役の紹介だけで期待を呼び起こす ‘サバハ'(監督チャン・ゼヒョン・製作 ㈱外柔内剛)が2月20日封切りする。’サバハ’は新興宗教集団を追ったパク牧師(イ・ジョンジェの方)が疑問の人物と事件を向い合うようになりながら始まる話を描くミステリースリラーだ。イ・ジョンジェの5年ぶりの現代劇だ。彼を含めてパク・ジョンミンイ・ジェインジョン・ジンヨンジン・ソンギュイダウィッドなどがっちりしている俳優陣がどんな組合を成すか関心だ。’新興宗教’というフレッシュな素材と予測することができない緊迫な事件が予告される中に、果してどんな映画がスクリーンに開かれるか知りたい事が増幅される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743956.htm, 2019/01/25 00:00:02]