‘証人’, 私たちは皆違う

7TxwlqB_o

“もう正常人であるふりしなくても良くて良いです。”映画 ‘証人'(監督離韓)でザピェを病んでいる少女知遇(キム・ヒャンギの方)加えた言葉だ。平凡な学校に通った彼が特殊学校で転校を行きながら満足感にこんなに言った。しかし知遇のこの一言はザピェを病んでいる彼だけではなくもしかしたらうちの皆に投げる重たいメッセージではないかと思う。’証人’は有力な殺人容疑者の無罪を立証しなければならない弁護士スンホ(チョン・ウソン分)が事件現場の唯一の目撃者であるザピェ少女知遇に会いながら開かれる話を描いた。特別なことない穏かな映画みたいだが予想を壊して楽しさと感動を同時にプレゼントする。映画は他の法廷物と差別化を置いた。その間弁護士と検事は対決構造で善と悪で分けられたがこの映画は違う。一緒に進んで、お互いを手伝ってくれる。刺激的なけんかなんかしない。それでもっと新鮮に感じられる。判事も黒い手助けに振り回されない。ボブゾングシンと言えば退屈な法も一所 ‘証人’は軽くて新鮮に解いて楽しさを与える。このなかにパク・グンヒョンがシンスティルロで活躍をたっぷりする。息子の幸せを望むお父さんギルゼ役を務めた彼は無茶な話を一言ずつとんとん吐き出しながら笑いを与える。現実的でもありながら暖かくて見る間微笑むようにする。スンホはお父さんギルゼの保証借金を返すために結婚は後回しだ。日常に垢じみて幸せなこと一つない日々を過ごしている平凡な弁護士だ。そうしてローファーム代表の目に入りながらツルセッギルを目の前に置くようになった。その第一歩の手始めが知遇と出会いだ。彼は有力な殺人容疑者の無罪を立証するためにザピェ少女知遇に会って証人席に立てなければならなかったし結局知遇と親しくなるために時間と努力を入れてやっと法廷に立てる。しかし無罪を立証しなければならないという欲心に知遇を ‘精神病者’で作る。スンホは先立って知遇が聞いた質問を思い浮かべる。”あなたは良い人ですか?”彼は気経に答えることができない。しかし裁判を通じて自分がどんな人なのか返り見る。それとともに障害を持った知遇が他人ではなく、私たち皆がお互いに他人というのを悟る。チョン・ウソンはスンホ内面の葛藤を纎細に描き出した。彼はたまには現実的に、たまには傷に共感して痛がりながら映画の没入島を高めた。その間 ‘人狼’ ‘鋼鉄費’ ‘ダッキング’ ‘阿修羅’ など強烈な作品に出演したチョン・ウソンは久しぶりに暖かいキャラクターに帰って来た。キム・ヒャンギはザピェ少女演技をリアリティーあるように表現した。ちょっと控え目かも知れないが彼は徹底的な事前の調査を通じて自然に知遇と童話された。キム・ヒャンギが表現した知遇の無茶さと純粋さは見る人々にとって自分の生をもう一度返り見るようにする。また映画はザペアが眺める視線と世の中を見せてくれながらザピェを持った人々に一歩もっと近付くことができるようにした。’証人’は私たちの皆が違わないということを言わない。障害を持っていてもなくても、人は誰も違うしかないということを見せてくれる。来る2月13日封切り。上映時間129分。12三観覧可だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743683.htm, 2019/01/25 05:00:02]