‘隷書お母さん’ ない ‘警察ユン・ジヒョン’…’ペングバン’ ヨム・ジョンア、嬉しい変身

mQvwlqB_o

‘隷書お母さん’ではない ‘警察ユン・ジヒョン’だ。’大勢俳優’ 歩みを集めているヨム・ジョンアがカリスマあふれる警察で変身、観客を捕らえる準備を終えた。ヨム・ジョンアは24日午後2時ソウル中区奨忠壇路メガボックス東大門で開かれた映画 ‘ペングバン'(監督ハン・ジュンヒ・製作ホドエンユピックチョス㈱) マスコミ配給試写会に参加して続いた作品興行に対する所感を明らかにした。’口コミ’で観客520万人以上を集めながら興行を打った映画 ‘完璧な他人’に引き続き視聴率高空行進をしているJTBC ドラマ ‘SKY キャッスル(スカイキャッスル)’でスクリーンとブラウン管を出入りして大衆から愛されているヨム・ジョンアだ。今度は ‘ペングバン’だ。’ペングバン’は ‘チャイナタウン’ ハン・ジュンヒ監督がメガホンを取った映画で、統制不能スピード狂事業家を追うひき逃げ専担組 ‘ペングバン’の孤軍奮闘活躍を描いた。新作でヨム・ジョンアは広域捜査隊所属内査科課長ユン・ジヒョンキャラクターで演技変身をはかった。キャラクターで十分変身したようにこの日ヨム・ジョンアは終始一貫硬直された表情、強烈な雰囲気を発散した。続いた作品興行に関する話がやっと照れくさいようにほほ笑みをした。ヨム・ジョンアは “多くの作品で人士をたくさん差し上げた。毎度他のキャラクターを作ることは俳優として幸せで面白い作業”と控え目に運をテッダ。ヨム・ジョンアの演技したユン・ジヒョンはコン・ヒョジンが悔しい銀試演の上司で、激しい動きなしも強いカリスマを噴き出す。彼は “今度キャラクターに対して ‘とても趣がある’と思った点がある。監督様ともこれに対して話を交わした。結果は私が判断することは難しいがね”と予備観客たちに素敵なキャラクターを期待するようにした。また “俳優に新しいキャラクターを作ること自体が楽しい事だ。ずっと良い作品で多くのキャラクターを演技したい”と言う抱負をあらわした。ヨム・ジョンアが活躍しているドラマ ‘スカイキャッスル’の熱い人気で今度映画の中ヨム・ジョンアの分量も後半作業によって調整されたのかに大韓知りたい事も出た。ドラマが言及されるとヨム・ジョンアは照れくさいように大きく顔をほころばしたように見えた。これに対してハン・ジュンヒ監督は “シナリオ作業段階から各キャラクターの分量と均衡は (映画と) 似ていた”と説明して “ヨム・ジョンア先輩作品(‘スカイキャッスル’) おもしろく見ている。健康よく取りそらえながら力を出したら良いだろう”とヨム・ジョンアの活躍を応援した。今度活躍は観客たちにどんな印象を残すか期待が傾く。記者懇談会末尾ヨム・ジョンアは “誰かのママや妻ではないキャラクターに挑戦したのが久しぶりだ。多い関心と愛お願い致す”と頼んだ。ヨム・ジョンアの演技変身を会ってみることができる ‘ペングバン’は来る30日から観客を尋ねる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1743953.htm, 2019/01/25 05:00:03]