ジン・ソンギュ、謙遜さと熱情が作り上げた ‘極限俳優’

Fov9pqB_o

俳優ジン・ソンギュ(41)だと言えば断然映画 ‘犯罪都市’の朝鮮族ウィソングラック役が浮び上がる。映画封切り当時、実際朝鮮族ではないかと言う話が出るほどに実感の出るように演技して気を引いたことが思い出す。しかし青竜映画賞で感激の涙を作った姿と ‘無限挑戦’での純朴な姿が交差しながら実際ジン・ソンギュはどんな人なのか知りたかった。漠然たる知りたい事と好奇心を持って彼がいる三清洞で足を急き立てた。去る18日午後ソウル鍾路区三清洞一カフェでジン・ソンギュに会った。インタビューを結構たくさんして適応になった法も一所に彼は記者たちが席に座るまでしきりにあいさつをして椅子に腰を据えることができなかった。”座っても良いようなのに”と言葉を言い出すとジン・ソンギュは “まだ適応にならない”とぎこちないほほ笑みをして見せた。先立って ‘犯罪都市’で見せてくれた刺刺しいウィソングラックの姿は陰も形もなかった。むしろ純朴に見えるほどだった。ジン・ソンギュは23日封切りした映画 ‘極限職業'(監督イ・ビョンホン)で麻薬組のトラブルメーカーマヒョングサ役を務めた。することごとに生半可で麻薬組中では ‘村の太鼓’で通じる。しかし自分が引き受けた仕事にイッオソだけは完壁を追い求める。ジン・ソンギュは今度作品で ‘犯罪都市’ ウィソングラックの残像をまともに消した。”‘極限職業’ 提案をくださった時本当にびっくりしました。ちょうどウィソングラックと違う姿を見せてくれたかったが、欲心が出たんです。負担はなったが一度やってみたかったです。実はまだ信じられないです。主演というのも、広報ポスターに顔が出ることもとても不思議です。”封切りを控えて浮き立っている姿を見たらまるで新人俳優みたいだった。彼は終始一貫ほほ笑みを作って映画撮影当時を思い浮かべた。実は今度映画はジン・ソンギュにおいて ‘極限職業’とも同じだった。初めてするコメディー延期に難易度高いアクションもしなければならなかったからだ。”イ・ビョンホン監督は1次元的なリアクションがほしくないです。予想を脱する、想像を超越したリアクションがほしかったからそれが本当に大変だったようです。ところでしているとどの位行くことが来るんですよ。初めには ‘このようにすれば本当に笑わせるか’という疑問でもあったが結果物を見たらとてもおもしろかったんですよ。延期も延期だがアクション演技も本当に大変でした。’犯罪都市’ アクションの時と次元が異なりました。一神さま取ってからは必ず休む時間がなければならないほどだったんです?”ジン・ソンギュは今度作品を準備しながらアクションスクールと料理教室を同時に通った。一日はニワトリを揚げて、一日はアクションを練習してマヒョングサ訳科ますます一つになって行った。彼は “今度映画で多い勉強をした”と胸がいっぱいなほほ笑みをした。最近ジン・ソンギュは忠武路で一番忙しい俳優に数えられる。封切りを控えている作品だけ多くの便だ。’サバハ'(監督チャン・ゼヒョン), ‘暗転'(監督キム・ジンオン) ‘ロングリーブもっとキング'(カン・ユンソン) などだ。ジン・ソンギュが演技に味を聞こえるようになったことは偶然な機会だった。偶然に一極端に遊びに行ってからせりふを一度詠じてみたのが手始めだった。彼は延期を通じて新しい人物を表現することから通快さを感じ、本格的に延期に足を入れるようになった。”幼い頃からお母さんが強調したのがあります。’いつも謙遜なさい’ ‘自分を低めて話しろ’と言ったんです。ところでそうに20年を暮していると人々にあまりにも多くあいました。それで映画 ‘マルズックゴリ残酷史’に出たように家で一人で截拳道もして、ゴムタイヤ縛っておいて蹴りもしたんです。その ‘善良だ’と言う音が私にはあまり良くなかったようです。それが延期にも反映になったです。私の姿が消えて配役が出る方が良いんですよ。普段演劇でも、映画でも早く出勤して扮装して、その配役に解けて交ぜようとする方です。それが大好きです。”ジン・ソンギュは極端 ‘公演配達サービス行く’の単元で、劇界から主に活動した。’新人類の百墳土では’ ‘私とお爺さん’ ‘熱い夏’ ‘小人たち’ ‘私たち歌会って嬉しいで話ちょっとしようか’ ‘女神様が見ていらっしゃって’ ‘坊社’ など多数の作品に出演した彼は12年の無名期間あげくいよいよ光を見るようになった。ジン・ソンギュは “私がこんなに作品を取ることができるようになったことは映画人ファンクラブ ‘ションシャである’ だからだ”と思いがけない言葉を言い出した。”製作部、演出部、スクリプターなど映画スタッフで立てられたファンクラブがあります。多分すべて集まれば低予算映画一本取ることができるんです。ハハ。十人余りだが、映画 ‘狩り’ 時から私を導いてくれた友達です。名前が ‘ションシャである’のに、彼らおかげさまで多いオーディション機会を得ることができたんです。団体チャットルームがあって着実に連絡して、今も多様な現場で会います。その友達がいなかったら今の私はいなかったんです。いつもありがたい心を持っています。”ジン・ソンギュはしきりに “私の者と同じできまり悪いのに”と言いながらもションシャインとあったエピソードを楽しいように打ち明けた。”映画界に心強い支援軍があって良いだろう”と言うと彼は “私は本当にスタッフが作ってくれた俳優のようだ”と首をうなずいた。2017年 ‘犯罪都市’ 以後で新しい人生を生きているジン・ソンギュ。彼は俳優生活をしながら失いたくない信念とともに後輩たちにしてくれたい言葉があると言った。”大部分の俳優が夢見るんです。オーディションを見ないで、作品を提案受ける日々を。そうだとして変わりたくないです。私という俳優がそっくりそのままスクリーンに付け出すことができること位良いことがどこにあります。たまに機会が来た時自慢したり、人々のレベルを計算する人々がいるが、私の後輩たちはそのようにしなかったらと思います。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744003.htm, 2019/01/26 00:00:03]