‘ロマンスは別冊付録’ イ・ナヨン、’ギョングダンニョ’ 実力ちょっと見てください

TVWsFqB_o

やっぱりイ・ナヨンだ。9年ぶりにテレビ劇場に帰って来た俳優イ・ナヨンが経歴断絶が顔負けな演技力と魅力で成功的な復帰を知らせた。イ・ナヨンは去る26日初放送されたケーブルチャンネルtvN トイルドラマ ‘ロマンスは別冊付録'(シナリオチョン・ヒョンジョン・演出イ・ジョンヒョ)でドラマに復帰した。去る2010年KBS2 ‘逃亡者Plan.B’ 以後9年ぶりのドラマ出演だ。今度ドラマでイ・ナヨンは結婚後育児で経歴が断絶されて再就職に挑戦するうまく行くコピーライター出身講壇がキャラクターで変身した。いわゆる ‘ギョングダンニョ(経歴が断絶された女性を言う新造語)’.講壇異意状況に長い空白期を持ったイ・ナヨンがオーバーラップされる。しかし険しい現実を出くわして毎場面切ない心を催す講壇とダリ、イ・ナヨンは視聴者の感歎を催す。先に傷傷しい涙演技だ。たんたんと現実を向い合っている途中たちところに上がった涙、纎細な感情表現で視線を捕らえた。面接時間調整を頼みながら噴き出した涙、浮気をした夫のため出たハンスロウン嗚咽などが見る人々を思いきり切ないようにした。美しい雰囲気と外貌はまた他の感歎を催した。片付けることができなく流れる涙を手の平ででたらめに拭き上げながら口を開けてわあわあ泣くのに我を忘れて眺めるようになる。大きい目でぽつりぽつりと落ちる涙まで美しい。イ・ジョンソクと ‘年上年下’ 呼吸を合わせながら見せてくれる可愛い面貌も耳目を集中させる。密かにチァウンホ(イ・ジョンソクの方)の家から賈似道愚迷で勤めながら発散した無茶な面貌が魅力的だ。ガングダンイがチァウンホが最年少編集長で在職している出版社ギョルに就職することに成功して、これからどんなケミストリーを見せてくれるか期待感が高くなる。しかし視聴率面では惜しさが残る。初回4.3%(以下ニールセンコリア全国有料プラットフォーム家具基準), 2回は0.1%P 上昇した4.4% 視聴率を現わした ‘ロマンスは別冊付録’だ。前作であるヒョンビンパク・シンヘ主演 ‘アルハンブラ宮殿の思い出’が9.9% 視聴率で幕を閉じたことと比べるとずいぶん低調な記録だ。ホギロブゲ復帰したイ・ナヨンが果してドラマの旅程でどんな足跡を残して行くか関心が集まる。イ・ナヨンのドラマ復帰作 ‘ロマンスは別冊付録’は出版社を背景で本を作る人々の話を暖かく描くロマンチックコメディードラマで、毎週土、日曜日午後9時電波に乗る。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744141.htm, 2019/01/28 14:50:26]