初部屋 ‘バーベル’ 血の色オープニング→エンディングキスまで。..リアル ’19禁 ドラマ’

qfhbEqB_o

俳優パク・シフ、チャン・ヒジン主演のドラマ ‘バーベル’が初放送から ‘青少年観覧不可等級’ ドラマの面貌をあらわした。去る27日午後初放送されたTV CHOSUN ドラマ ‘バーベル'(シナリオグォンスンワンパク・サンウク・演出ユン・ソンシク)では手始めから血だらけになったまま殺害されたテミンホ(キム・ジフンの方)の姿が広げられた。’バーベル’は19禁止ドラマらしい衝撃展開と破格的な映像スケール、時間を逆順に配置して没入島を高めた。この日ドラマ平均視聴率(ニールセンコリア基準、全国有料家具)は3.5%を記録した。1回でチァウヒョック(パク・シフの方)は帰り道地下鉄で起きた不意に荒い肉頭文字を投げるに相次ぎ、法的知識を活用したいけずうずうしい解決を導いた。また巨山グループを崩すために法務チーム長を自任して敵陣で突進しながらも後では追跡を引き続く緻密な面貌を見せた。引き続きチァウヒョックはヘリコプターが墜落しながら復讐の刃あげくあったテフェザング(キム・ジョングの方)が息だけ休む死骸の状態に帰って来ると途方に暮れた。しかしヘリ事件の調査を引き受けるようになり、今一度復讐に向けた疾走を計画した。ハン・ジョンウォン(チャン・ヒジンの方)は生に希望を失って崖っぷちに立つようになった女だ。最高トップスター女俳優でゴサンが次男テミンホの妻になった後友達が運営するレストラン仕事を手伝ってくれてこまごましい幸せを楽しむように見えるものの実際はテミンホの二重的態度と巨山加衣卑劣な素肌の重さにジチョがは絶望的人物。さらにヘリコプター墜落によって失踪された後死んだはずだった夫テミンホが生きて帰って来ると、喜び代わりに怖気ついたまま涙をこぼした。この日放送にはチァウヒョックとハン・ジョンウォンの間悲劇的愛の手始めを知らせる ‘階段キス’ エンディングが盛られた。死んだと思ったテミンホが生きて帰って来たことを目撃して衝撃にとらわれて病院非常階段に駆け付けるハン・ジョンウォンを追い掛けたチァウヒョックが、涙をこぼすハン・ジョンウォンの前にひざまずいて座って傷傷しく眺めて慰労のキスを渡したのだ。一方 ‘バーベル’は毎週土、日曜日午後10時50分に放送される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744128.htm, 2019/01/28 09:37:41]