イ・メリ、韓観衆席でカタール応援。..”カタールで帰化してください”

xn6GHqB_o

俳優イ・メリがアジアンカップ8強戦でカタールサッカー代表チームを応援した事実が知られて非難を浴びている。彼はカタールを第2の祖国だと表現し、ネチズンは “どうして韓国観衆席で応援するのか”と理解することができないという反応を見せている。28日ポータルサイト及びオンラインコミュニティにはイ・メリを責める文等が上って来ている。イ・メリは去る25日(韓国時間) 2019 アシアツックグヨンマング(AFC) アジアンカップ韓国対カタール競技を観戦した。問題は彼が韓国応援席で韓国ではないカタールを応援したというのだ。イ・メリは “演技活動をして放送社側から大きく傷を受けたから”とカタールを応援するようになった背景を直接明らかにした。彼は去年8月チャンネルA ‘風聞でドルオッショ’に出演して “ドラマを撮っている途中負傷にあったが製作陣がこれを隠蔽した”と主張したことがある。当時イ・メリは “オゴムを打つ場面のために私費で個人指導費600万ウォン、リハビリ治療費用で幾千だけウォンを使った。しかし製作陣は ‘それほど熱心にすることができなかった’ ‘出演料さえ与えてはいけないか’と言った”と言った。ネチズンは “本当に理解することができないね。応援するためにはカタール観衆席でしたら分からなくてもどうして韓国館重石で”(duqh****) “この子も正常な事故を持った子ではないようだ。放送社であったのをどうして国家責任で回すのか?”(jw72****) “悪口聞くに良いね。放送社して韓国と何は上官?”(comc****) “放送局製作陣との葛藤をどうして韓国全体で拡大させるのか切ないですね。.とにかくカタールが良ければカタールで帰化してください乾かさないです”(wonc****) “カタールを応援するのは個人の自由だがどうして韓国応援席でするのか”(ichi****) “鐘路で頬を殴られて漢江で目フルギンダがぴったりだね”(koal****) などの反応を見せている。イ・メリは28日オセンとインタビューで “2014年アジア大会当時カタール選手たちの食べる食べ物がなくて苦労しているという記事を読んだ”と “以後カタールと意味あることをしてみたいという考えに私費をかかってカタールとさまざまな事をしてみるようになった”と縁を持つようになった背景を明らかにした。引き続きイ・メリは “韓国では良くないことだけあったがカタールが私を信じて仕事を任せてくれたことがありがたかった。韓国では誰も私の言葉に聞き入ってくれなかったが、カタール人々は私の心を理解してくれて最後まで争いなさいと励ましてくれた。カタールと働けば楽しくて、アイデアが毎日沸き立つ”と言った。それとともに “韓国に対する失望がとても大きかった時カタールが私を受けてくれた。皆が ‘堪えなさい、君が理解しろ’と言った時むしろカタールだけが私を支持してくれた”と付け加えた。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744198.htm, 2019/01/29 00:00:03]