‘キングドム’ キム・ソンフン監督、キム・ヘジュン演技力論難に “すまない、私のせい”

r2aHHqB_o

ネットフリックスオリジナルシリーズ ‘キングドム’でセンター前キャラクターを演技した新人俳優キム・ヘジュンが演技力論難に巻き込まれた中にキム・ソンフン監督がすまない心を示した。キム・ソンフン監督は28日ソウル鍾路区三清洞某所で進行されたラウンドインタビューでキム・ヘジュンに対する一連の論難に対して “切なくて心が痛い”とし “監督が保護してくれて垣根を作ってくれなければならないのに、その垣根が間違った”と自分を責めた。また “すまない”と言う言葉も忘れなかった。’キングドム’は15, 16世紀頃朝鮮を背景で人間権力に対する誤れた貪欲、ミン初たちのひもじさ、これと対立して戦う闘い社を描くミステリースリラードラマで、ネットフリックスのアジア初オリジナルシリーズだ。’シグナル’ キム・ウンヒ作家と ‘トンネル’ キム・ソンフン監督の意気投合で公開の前から大きい期待を集めたし、俳優チュ・ジフンべ・ドゥナリュ・スンリョンが主演俳優に活躍した。ドラマは25日全世界に同時公開された。続く好評の中嘲謔株(リュ・スンリョンの方)の娘でありながらセンター前である新人俳優キム・ヘジュンの演技に酷評が零れ落ちた。これに対してキム・ソンフン監督は俳優に対するすまない心をあらわしたし “センター前は父の姿に似ていようとする成長しているキャラクターだ。よく表現にならなかったようだ。演出者である私のせい”と自分のせいにした。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744197.htm, 2019/01/29 00:00:02]