‘恩主の部屋’ リュ・ヒェヨン “空白期?私を分かって行くための選択”

XgDUIqB_o

“空白期です?私の人生の中心を取る過程だったです。”俳優リュ・ヒェヨンがドラマ ‘回答しろ1988’と ‘恩主の部屋’ の間に空白期を持った理由を明らかにした。去る22日終映したケーブルチャンネルOlive 火曜ドラマ ‘恩主の部屋’は人生が自分勝手に狂ったセルプヒュジックニョシムウンズ(リュ・ヒェヨンの方)がセルフインテリアーに目覚めながら壊れた生を回復海歌は人生DIY ドラマだ。就職、名残、職場生活、人間関係など20,30代青年たちが経験する多様な悩みを劇の中に自然にとかし出して視聴者たちの共感を買った。リュ・ヒェヨンは今度作品から編集デザイナーで全身をすべて捧げて働く ‘セルフ休職’を宣言してセルフインテリアーを通じて真正な幸せを尋ねるシムウンズ役を務めた。2015年放送したtvN ドラマ ‘回答しろ1988’で演技した人物城堡だと後約3年ぶりに引き受けた主演キャラクター。リュ・ヒェヨンはその間ブラウン管によく顔を出さなかった理由を説明した。”‘回答しろ1988’ 直後映画 ‘特別市民'(2016)を終えてしばらく休む時間がほしかったです。元々認知度が高くなかったはずで、急に大衆から大きい関心を受けるようになったら負担が感じられたんですよ”と説明したリュ・ヒェヨン。引き継いで “大きい愛を受けたらその愛を逃さないのために、忘れないために早く他の作品で復帰することも良かったが以前に一応私自分を分かって行きたかったです”と言いながら “や自分も ‘リュ・ヒェヨン’をよく分からないのに続いて他の作品で人物を演技したら作品によって、他人によって搖れるようだったしそのようになりたくなかったから中心を取りたかったです”と付け加えた。それなら今のリュ・ヒェヨンは自分自身をたくさん分かっている状態だろう。ここにリュ・ヒェヨンは “そうではないです。私は今も私をよく分からないです”と笑いながら言ったり “や自分を分かって行くのが一番難しいようです。今も私に対する正解は私も探すことができなかったです”と言いながら俳優としてアイデンティティに重点を置く姿を見せた。引き続きリュ・ヒェヨンは “俳優としてこれからどんな決意俳優になりたいのか、どんな俳優の道を歩いて行きたいかに対して決めておいてそれに付いて行こうと思えばむしろ成すことができなかった時の喪失感が大きいようです”と言いながら “誰かに付いて行くよりは、’人には誰も自分ばかりの時がある’と言う言葉のように私だけの人生を探して私の時間の流れどおり流れることに念をおしました”と告白した。リュ・ヒェヨンのこんな面は自分自身を尋ねて成熟になって行くという点で ‘恩主の部屋’ 恩主キャラクターに似ている。リュ・ヒェヨンは ‘恩主の部屋’ 出演を決心したきっかけで “恩主という人物が処した状況と彼が言う言葉などが私のようでたくさん共感になったから出演することに決めました”と明らかにした。先立って ‘チズインドトラップ’ ‘死んでも良くて’ などウェブトゥーン原作ドラマ主演俳優たちはたびたび ‘シンクロ率論難’を経験したりした。リュ・ヒェヨンは恩主を引き受けることにあって負担はなかっただろうか。ここに彼は “恩主はとても平凡な人物です。多分恩主に共感する学びなさいといえば誰でもこの恩主とシンクロ率が当たったんです”と言いながら “恩主には恩主だけの独特の何かがあったり、外形的な特徴がないです。だから恩主をよく理解したら誰がしてもよく迎えたんです”と説明した。以前にもう長ければ長くて短ければ短い3年の空白期を持ったリュ・ヒェヨン。今度 ‘恩主の部屋’ 以後また彼に会いにくいのではないか。こんな心配も少しの間、リュ・ヒェヨンは “‘恩主の部屋’は私にエネルギードリンクみたいな存在で近付きます。現場にいる時私がどれだけ嬉しくて肯定的な悟りました”と言いながら “‘回答しろ1988’ 以後のようにそのように五という休まないんです。今からはまた他の作品を熱心に捜してみようと思います”と明らかにした。中心を取ることができる俳優、もう落ち着いて自分自身を分かって行く過程を経ったリュ・ヒェヨンの追後延期活動が期待される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744176.htm, 2019/01/29 05:00:04]