SBSも?地上波に滲んだグムトドラマ風

QwGUIqB_o

地上波にもグムトドラマが?地上波が変わった。長い間固守した編成に変化を与え始めた。その間月火ドラマ、水木ドラマ、週末劇だけ固守したが、もうグムトドラマ、土曜ドラマなど新しいドラマ時間帯を作りながら多様な冒険を始めた。俳優も製作社もケーブル、終篇を好む時代だ。地上波の位相は昔みたいではない。もう新しい流れに歩調をあわせて行かなければならない時だ。最近SBSがキム・ナムギルイ・ハヌィ主演の ‘熱血師弟’を初グムトドラマで立てた。その間ケーブルと終篇で新しいドラマ時間帯を開拓して人気を呼ぶと本格的に出たのだ。先立って地上波ではKBSがグムトドラマを手始め、時期別で編成して人気を呼んだことがある。ここにSBSが加勢しながらこれから地上波にも本格的なグムトドラマ願うことが吹くようだ。SBSが初グムトドラマを成功させるために歯ぎしりした姿だ。演技力がっちりしている俳優キム・ナムギル、イ・ハヌィ、キム・ソンギュン、高峻などとともに ‘ささやき’ ‘ポンチ’ などを演出したイ・ミョンウPD, ‘キム課長’ ‘信義クイズ’ シリーズ’ ‘グッド・ドクター禁断のカルテ’ などを筆を執ったパク・ジェボム作家が一所に集まった。だけでなく長年の時間固い市役所階を押し堅めておいた ‘ジャングルの法則’ 時間帯に編成しながら少なくない影響を受けるようだ。’ジャングルの法則’を見ようとしていた視聴者たちが ‘熱血師弟’を見るようになりながら流入される視聴者たちもかなりいることと予想される。来る2月15日初めて放送される ‘熱血師弟’は多血質カトリック師弟(キム・ナムギルの方)と馬鹿刑事(キム・ソンギュンの方)が殺人事件で会って御影府営共助捜査を始めるコミックスサグックで、SBSの初グムトドラマで成功をすることができるか関心が集中される。先立ってKBSでは2015年金曜ドラマ ‘スパイ’を始まりにグムトドラマ ‘プロディユサ’ ‘心の音’ ‘告白夫婦’ などを出した。大部分視聴率面ではそうだと言う成績をおさめることができなかったが話題性面では熱かった。現在KBSは ‘告白夫婦’を最後にグムトドラマが出ていない状況だがSBSがまた扉を開きながら地上波にも影響を及ぼすようだ。総合編成チャンネルJTBCは2014年 ‘下女たち’を始まりに多様なグムトドラマを編成している。最近安定期に入ったJTBCは2017年から午後11時台に時間を変えながらもっと大きい愛を受けている。’ヒムセンヨザドボングスン’ ‘品位ある彼女’ ‘ミスティー’ ‘ご飯よく買ってくれるきれいなお姉さん’ ‘内アイディーはカン南米である ‘などが大きい人気を呼んでJTBC グムトドラマは黄金期を享受している。グムトドラマの始めのtvNはむしろ週末ドラマで方向を変えた。2017年ドラマ ‘シカゴタイプライター’を最後にトイルドラマで路線を乗り換えた。このように地上波とケーブル、総合編成チャンネルが編成に変化をはかっている中に、死んで行ったドラマたちが蘇ることができるか関心が集中される。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744144.htm, 2019/01/29 05:00:03]