ソン・ソクヒ暴行論難にも ‘ニュースルーム’ 視聴率強硬

AU75RqB_o

ソン・ソクヒJTBC 代表取締役の暴行論難にも彼が進行しているJTBC ‘ニュースルーム’の視聴率に大きい変化がなくて関心を受けている。視聴率調査会社ニールセンコリアによれば手代表の報道が出た去る24日木曜日視聴率は6.8%(全国家具基準)を記録した。これは前日5.3%より1.5%ポイント上昇した数値だ。25日金曜日から27日日曜日までは手代表が進行しなくて ‘ニュースルーム’の視聴率が下落した。25日には5.3%, 26日には2.9%, 27日には3%をそれぞれ記録した。以後手代表が進行する去る28日月曜日には6.4%を記録して視聴率上昇勢を見せた。引き続き29日には6%を記録して何の差を見せなかった。キム・ウン記者は去る13日手代表が自分を暴行したと警察に届けた。キム記者の主張によれば手代表が2017年に交通事故を起こし、この事件を取材したキム記者を懐柔するためにJTBC 働き口を提案してから断られると拳を振り回した。しかし手代表はJTBC ゴングシブイブザング及び ‘ニュースルーム’を通じて “事実と主張は厳然に違う”とし “司法当局で真実を明らかにしてくれよう期待する”と明らかにしたことがある。手代表はキム記者の主張は事実ではなくて、むしろキム記者が自分に就職を請託したがつぼにはまらないと脅かしたと主張した。暴行可否を置いてからは “キムさんが要求を断ったら急に怒りながらすぎるほど興奮した”とし “‘精神ちょっと調えろ’と手でとんとん触れたのが全部”と説明した。手代表は去る25日自分のファンクラブカフェに “だとけんかを始めるようだ”とし “すべての真実は明らかになると信じる”と伝えた。引き継いで “搖れないだろったら心配しなく”とファンを安心させた。一方手代表はキム記者を恐喝未収疑いでソウル西部地検に告訴した。検察は該当の事件を手代表の暴行疑惑を内査の中だったソウル麻浦警察署で併合捜査する方針だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744437.htm, 2019/01/30 18:42:22]