‘ソン・ソクヒ論難’と ‘オ・ダルスキム・フングク墜落’ 比較

hUKzPqB_o

疑惑と論難は隠そうとすればもっと疑わしいものと決まっている。大衆は人気があって有名するほど、社会的影響力があって認知度が大きいほど自らもっと明快できれいに分け目をタズルのを要求する。ソン・ソクヒJTBC 代表取締役の暴行疑惑が同乗者身元論難で滲む様相だ。キム・ウンフリーランサー記者は追加で録音ファイルを公開して知りたい事の版を育てている。手代表の同乗者論難は去る2017年4月16日果川のある駐車場接触事故当時にさかのぼる。暴行論難を呼んだキム記者は “当時手代表が若い女性を乗せたまま交通事故を起こした後被害者と合意した”と明らかにしたことがある。この録取録で “どうしてその所へ行ったか”と言う質問に手代表に推定される人物が “とてもノーマルした仕事で、これが知られれば私が本当に馬鹿になる”と返事する。もちろんこの部分はキム記者の一方主張であるだけだ。本当に若い女性が同乗したのかないのか実体まで確認されたのではない。手代表側は “当時同乗者はなかったしこれを証明することができる”と “脅迫を通じて不法的に就職を請託しようと思ったことが今度事案の本質”と立場(入場)を出した。一方キム記者は手代表が同乗者の身元を隠す理由が別にあるという主張を曲げていない。◆ オ・ダルス ‘被害者声根拠’ 1年目耶居-キム・フングク ‘誣告判明’ 後にも苦痛甘受 #1:オ・ダルスセクハラ疑惑=去年2月演戯団コリペイ・ユンテク監督のセクハラ論難がはみでながら触発された。被害者なのを主張したネチズンは2月15日 “1990年代釜山小劇場でこれ(潤沢) 演出家が連れていた俳優中一人が女後輩たちを隠密に、常習的にセクハラをした”と言及した後19日には “オモさんは言うものがなかろう考えられる”と暴露した。オ・ダルス側の公式立場が出た当日の26日夕方、JTBC ニュースルームを通じてインタビューが公開された。#2:キム・フングクセクハラ疑惑=去年3月14日MBN ‘ニュース8’が保険設計士Aさんのインタビューを通じてセクハラ疑惑を報道した。Aさんは “知人の紹介で分かるようになったキム・フングクと2016年11月酒席を持ち、酔っ払って精神を失ったうち性暴行にあった”と主張した。報道後キム・フングクは “Aさんに会ったことはあるがセクハラや性暴行をしたことがない”と否認した。以後マスコミを通じて何回真実攻防がつながったが、キム・フングクは世論裁判だけで放送で退出された。ソン・ソクヒ代表の暴行または同乗者論難は前に例えた二人の芸能人の場合と本質が全然違うか。オ・ダルスとキム・フングクはマスコミが噴き出した ‘ミトの直撃弾’を当たって映画と放送などすべての芸能活動を中断した。特にオ・ダルスは手代表が ‘被害者の声’を根拠に一方報道することで司法当局の調査もある前に防御圏を制限受けた。マスコミ報道以後1年目苦痛の中に耶居の中だ。◆ ‘有罪推定適用’ ‘ネロナムブル’ 当て付けたネチズン批判、”疑惑があったら自ら解きなさい” 俳優オ・ダルスは映画が分からない人も卵位大衆的愛される国民俳優だ。彼が出演した映画はいちいちすべて言及しにくい位に多いが、彼が演技力だけで評価を受けたのではない。操短役から千万俳優で上がるまで幾多の同僚俳優たちが認める ‘人間味’で定評がある。普段行実が悪くなかった位ミトの中心に立った彼のセクハラ論難は衝撃だった。大多数マスコミはオ・ダルスの ‘罪’を既成事実に駆って行った。無罪推定の原則は徹底的に無視され、二回の謝罪文はむしろ真正性を疑われる口実になった。キム・フングクの性暴行疑いは初めから誣告でパンミョングナッダ。該当の女性は二名の男性が提起した婚姻憑藉による詐欺及び節度疑いで懲役1年10月の実刑を受けた。マスコミの一方暴露で被った汚名は誰が脱がせてくれるか。ソン・ソクヒ代表はきれいな報道人イメージとともに大統領弾劾など多様な形態のイシュー報道で愛された。彼の暴行事件を眺める世人の目が大衆スターと深みが違う理由だ。大多数ネチズンたちはその間手代表がよく使って来た ‘有罪推定適用’ ‘ネロナムブル’ などの用語を当て付けて批判を吐き出している。こんな反応は手代表自ら明快に疑惑を解けという圧迫だ。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744338.htm, 2019/01/30 08:24:47]