努力するから進む

B7nLOqB_o

俳優チョン・ウソン(46)に対する一番強烈な記憶は映画 ‘ビート’ではなかったかと思う。その映画を見たことはとても幼い時代だったが、バイクに乗って風を切りながら疾走した彼の姿がまだ鮮明だ。あの時その青春を代弁した男はいつのまにか中年俳優になり、22年が経った今彼は青春ではない人を代弁する俳優になった。去る23日ソウル鍾路区八判洞一カフェで映画 ‘証人'(監督離韓) 封切りを控えているチョン・ウソンに会った。186cm 高い背にがっしりした肩、ここに紺色タートルネックセーターを着た彼は40代中盤だと言うには信じられない外貌だった。しかし身近に座って彼を向い合ったら、目もとにチンしわはいつのまにか去る歳月を言うようだった。年輪と余裕がまじわって彼ばかりのカリスマを漂った。チョン・ウソンは ‘証人’で有力な殺人容疑者の弁護士スンホ役を務めた。スンホはポックポックした現実に手に負えなくてツルセッギルに目がくらむが、結局世の中に必ず存在しなければならない存在を眺めるようになる。その間 ‘人狼’ ‘鋼鉄費’ ‘ダッキング’ ‘阿修羅’ など強烈な作品に出演したチョン・ウソンは久しぶりに人間的で、暖かさが付け出しているキャラクターに会いながら ‘鏡餠のように消化した’と言う評価を受けている。”どう見れば以前に引き受けたキャラクターは自由ではなかったです。強く見えようと自分の本音を隠していると、節制をたくさんしたんです。ところでスンホはむしろ感情の幅が広くて、多様で私にはもっと強烈な感じがするんですよ。今度配役はずっと即興的で、飾らず表現して感情の余韻がもっと長かったようですね。”一年の間はちょっと荒い作品に主に出演したはずで ‘証人’を選択した理由が知りたくて聞くと、彼は “他の姿で見せてくれなくてはならないするつもりにしたことはない”と言いながら “シナリオを読んだ時受けた感情が大好きで表現してみたかったし、感情表現に対する確信があった。またその姿をよく見てくれたらと思ってするようになった”と説明した。映画はザピェスペクトラム障害を扱った。チョン・ウソンはこの障害を持った少女知遇(キム・ヒャンギの方)と近くなるために努力するスンホ役を務めただけ、障害を理解するための勉強をしたのか知りたかった。”関したドキュメンタリーや資料を見たが、それは映画と関係なかったです。’証人’のためだったです。私が勉強をしたらキム・ヒャンギ俳優が表現する知遇に会う前に ‘知遇がこんな姿だね’ と言う先入観があったんです。描いてみる観客のためでもザピェスペクトラム障害に対する勉強をするつもりもしなかったです。”‘飴カボチャ’ のような返事だった。彼は相手俳優であるキム・ヒャンギのために、また会う観客のために気配りしてスンホ役を準備した。そうだからスンホ役にもっと深く落ちこむことができた。先立ってキム・ヒャンギが “チョン・ウソン叔父は思いやり心が本当に多い人”と言った理由が分かるようだった。この日インタビューは終始一貫真摯な雰囲気につながった。チョン・ウソンは質問一つ一つに深い考えと悩みの末に返事するようにゆっくり口をテッダ。それで雰囲気反転のためにふと “時をどうむくのか”と言う質問を投げた。劇の中でスンホはローファーム代表から ‘垢がちょっとついたら良いだろう’という言葉を聞くが、実際チョン・ウソンは先立った質問に “垢がつけばむく”と返事したからだ。この答にまもなく質問をしたこと。チョン・ウソンはこの問いに、カフェが立ち去りなさい笑った。そうしたら “一応テスゴンを準備して。せっけんが必要だが、香は趣向どおりなされば良いようです”と気ばたらきありげに返事してインタビュー場を笑い海で作った。そうしたらたちところに真摯な返事を出した。”例えばどんな対象を対する時私が真剣だったのか、尊重をしたのかに対して考えをたくさんします。まして文字を取り交わす時も私が正しく文字を送ったか、あるいはどんな出会いをした次にその対話の中で正しい言葉をしたかしきりに返り見るのです。誤解を解こうとする努力をして。””そんな方式なら大変ではないか”と聞いたら彼は “私という自我を客観化させようとする努力”と言いながら “気持ちが私のこととしてそれを追い掛けては私にけがをさせるから努力すること”と言った。そんな彼の姿を見ようとすると ‘証人’ の中スンホとそっくり似ているようだった。ポックポックした現実を向い合っているがそれにもかかわらず自分を守ろうとする意志が似ていたように見えた。”スンホと共通点だと言えば、’努力してみる’と言う姿勢が似ているようです。何でも絶えず努力をしなければならないと思います。努力が圧迫で、重さで、荷物で肩の上に置かれているのではなく自然に順理どおり私ができる位の努力を続かなければならないと思うんですよ。どの位経歴になったり年になれば自分と経歴が皆であることのように勘違いする場合あるんじゃないか。私はそんな錯覚をしないために努力します。”いつのまにか46歳中年。俳優生活してから26年目に入った。20代から今まで手まめに俳優生活をした彼は最近 “20代を返り見てあの時の熱情を取り戻そうと思っている”と言った。”20代の時は映画を通じて多いことを成し、結構早い時間の内に映画を対する価値観が成立されたようです。そうなのに30代の時はあほうだったようです。30代になるから作業を対する方式が旧態依然になって、鈍くなるんですよ。今振り返ればそうだったです。40代になるから ‘や今何をしている?’という考えがぴかっとしながら ‘また熱心にやってみなくてはならない’という気がするんですよ。20代を振り返りながら熱心にしようと思います。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744271.htm, 2019/01/30 05:00:02]