勝利クラブボニングソン家宝だから…’ぎゅっと’ 閉まった門、’冷ややかな’ 反応

gUIxNqB_o

固く閉まった門。撮影を沮止する人々。取材しに来て行って引き返す取材陣。28日 ‘集団暴行事件’で論難の真ん中立ち上がったクラブボニングソンを探した。固く閉まった門だけが取材陣を迎えたこちらではどんな話も聞くことができなかった。グループビッグバンの勝利が運営する所と知られたボニングソンは性犯罪といわゆる ‘ムルポング'(GHB) などに対する問題まで申し立てられながら事件はもっと拡がっている。去る28日MBC ‘ニュースデスク’で ‘ボニングソン暴行事件’の状況が盛られたCCTV 映像が公開された。暴行にあったと主張したキムさんは ‘ニュースデスク’とインタビューで “ガード(保安要員)らが手伝ってくれてした人が主導的に私を殴った。恥かしかった。人々がすべて眺めるのに覚える”と言った。当時キムさんは長さんと保安要員がクラブに入って行った以後112に電話をかけて届けた。しかし現場に到着した警察はクラブ関係者と話を取り交わした後申告者であるキムさんに手かせをかけた。警察は状況が盛られたCCTVも確認しないで、地球どおり出て調査受けなさいと通報をしたというのがキムさんの主張だ。この事件が一波万波広がると青瓦台国民請願掲示板に請願文が上って来た。またSBS ‘それが分かりたい’がこれと関した情報提供を受けているという事実が知られて事件はもっと拡がった。しかし29日午後訪問したボニングソンは熱い関心と違ってだだっ広かった。取材陣が陣を張っているんと言う(のは)予想と違い、風だけ飛ばした。話を少しでも聞いてみるためにボニングソンに賃貸を与えているホテル側関係者に近付こう “クラブと全然関連がない”ときっぱり言って線を引いた。いっしょに現場取材を制止してホテルイメージ失墜を憂慮した。足を運んで駅三地球どおり向かった。ボニングソン集団暴行現場に最初に出動した交番だ。現在偏頗対応、癒着関係などの論難で世論の袋叩きにあっている。現場には一人の記者が現場状況を聞くためにある軽減と話を交わしていた。記者も話をもうちょっと聞いてみるために言ってくれと言ってしようまったく同じなメントにくたびれたように “横に記者に聞きなさい”と言った。それでもずっと聞くと軽減は “私たちも言う言葉はあるが警察は公務員として国民に常識に脱することはしなかったというお話だけ申し上げることができる”とし “詳しいのは江南警察署に聞きなさい”と言った。駅三交番に向けた非難世論と取材陣の続く質問にいらいらするように大きい声を出して結局もっと多い話は聞くことができなかった。事件を担当している江南警察では警察に対する不信でいっぱいになった世論の雰囲気を意識したようにホームページに公式報道資料を出して立場を明らかにした。江南警察では “キム某さんとクラブ職員長某さんに対して相互暴行などの疑いで被疑者で皆立件、強力チームで厳正捜査の中にある”と明らかにした。引き継いで “出動警察は周辺目撃者たちの陳述と状況を土台で法執行した後捜査部署で引き継ぎ、追加捜査として実体的な真実を選り分けるしかない”とし “事件当日事案を厳に見て事件を明確に処理するために周辺CCTV など証拠を確保して捜査進行中にあり最初被害者に主張したチャンさんに対してで度傷害に立件して調査して周辺保安要員に対しても加担可否を徹底的に調査している”と付け加えた。慶南警察ではまた “どの当事者の一方的な主張によってだけ処理することができないし多数の関係者を相手にした陳述、証拠を土台で誰も悔しさがないようにするために物静かで徹底的に捜査を進行すること”と強調した。事件が拡がって論難が連日つながるとボニングソンを運営している勝利がどんな立場(入場)を出すか関心が高くなっている。勝利側は当時詳細状況と論難について弁護士と協議後に立場を明らかにすると知らせたことがあり、勝利の所属社YGエンターテイメントは黙黙無答に一貫している。現在お互いに被害者と主張するキムさんと長さんが尖鋭な対立をしている状況であるだけに是是非非を選り分ける警察捜査結果に目と耳が傾いている。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744316.htm, 2019/01/30 00:00:02]