‘実話探査隊’ カン・ソンフン台湾ファンミーティング。..”進行過程に問題多くて”

1KrTSqB_o

MBC ‘実話探査隊’がカン・ソンフン詐欺疑惑事件に対して集中的に扱った。先立ってカン・ソンフンと彼女A さんから放送禁止仮処分申し込みを受けた ‘実話探査隊’は30日予定通り正常放送をするようになった。30日放送された ‘実話探査隊’では ‘フニワルド’を取り囲んだ詐欺・横領告訴件便にカン・ソンフンに関する内容を扱った。急に取り消しされた台湾ファンミーティングとマネージャー暴行が主要争点だった。’実話探査隊’は去年9月はみでたマネージャー暴行事件が台湾でファンミーティングを進行する過程で発生したことだと言った。カン・ソンフンはジャックスキス復帰後2018年3月台湾初ファンミーティングをし、二番目ファンミーティングを控えていた。この過程でファンミーティングが急に無産されながら詐欺疑惑に巻き込まれた。このファンミーティングを進行した台湾の公演企画社業務代理人は ‘実話探査隊’に “フニワルドと公演契約を結んだ”と言った。以後9月公演と係わっても順番進行するギャランティー8000万ウォン、グッツ費用2000万ウォンなど1億ウォンを振り込んだが突然ファンミーティングが取り消された。カン・ソンフンと契約した公演企画社側は “契約金を払い戻してくれと要求したが、受け入れられなかった”と言った。被害はファンも着た。チケットを払い戻し受けることができなくなったのだ。台湾ファンミーティング進行過程には問題が多かった。’実話探査隊’は所属社同意書が抜け落ちされた事実と当時YGエンターテイメント所属だったカン・ソンフンがフニワルドになっているということを確認した。ファンミーティングを進行するためにはYGエンターテイメントの所属証明と公演同意書などが必要だが、伝達しなかった。しかしカン・ソンフンはすべての疑惑と係わって否認している状況だ。先立ってフニワルドの法人フォーエバー2228の事業者登録上代表であるパクさんが “カン・ソンフンと妹に名義を貸してくれた”とし “フニワルドの実質的運営スタッフはその二人”と暴露して論難がおこった。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744444.htm, 2019/01/30 21:56:24]