‘トラップ’ ソン・ドンイル “イ・ソジン演技?私の財産かける”…’びっくり’

sdReXqB_o

俳優ソン・ドンイルが ‘トラップ’でイ・ソジンの演技変身を果敢に予告した。31日午後ソウル江南区ルメルデーアングホテルでOCN ドラマチックシネマ ‘トラップ'(シナリオナム・サンウク・演出パク・シヌ) 製作発表会が開かれた。製作発表会には演出を引き受けたパク・シヌPDと俳優イ・ソジン、ソン・ドンイル、イム・ファヨン、ユン・ギョンホが参加して作品に関して話を交わした。’トラップ’はOCN わからないわなにかかった国民アンカーカン・ウヒョン(イ・ソジンの方)の衝撃的な顛末を描いたハードボイルド追跡スリラーで映画 ‘白夜行’のパク・シヌPDが演出を、ドラマ ‘特殊糸でも専担だけTEN’を筆を執ったナム・サンウク作家がシナリオを引き受けた。日常で易しく経験することができない映画みたいな話がドラマの精巧な展開の中に開かれる予定だ。劇の中でイ・ソジンは数年間報道人信頼も1位を守城して来た大韓民国の代表アンカーカン・ウヒョンを務めた。カン・ウヒョンは社会的尊敬と団欒な家族、世の中すべてのものをすべて持ったようにボーイは平和な人物だったが、ある日予想できない ‘わな’に抜けて那落に落ちる。予告篇でばかり見てもイ・ソジンは荒い林の中と葦原の間をかきわけて歩いて行ったり、血だらけになったまま手に負えながって死生の間で苦しがるなど悽絶で危なげな場面をよく演技する。だけでなく家庭を守るために事件の背後を最後まで追跡する切迫した仮装(家長)としての面貌も見えて熱演を広げる。ここにソン・ドンイルは “私が見た時、’トラップ’でイ・ソジンは多分今まで一番(回)もしてみない役目に挑戦して演技変身をしたようだ”とし “撮影の中でイ・ソジンが演技することを報告 ‘うん、この子見なさい?命をかけたな?’と気がするほどだった”とイ・ソジンの演技熱情をほめたてた。引き続きソン・ドンイルは “イ・ソジンがカン・ウヒョンと言う(のは)キャラクターを本当によく消化して監督様に ‘はじめからイ・ソジンという俳優を念頭に置いて人物を作ったのではないか’と聞くほどだった”と付け加えて期待感を催した。イ・ソジンも “以前にもアクション演技はよくやってみたが、スリラーは ‘トラップ’が初めてだ”とし “今まで演技した作品の中に一番多く (扮装で) 血をこぼして鉄砲と刀を使う場面を演技した”と言ってハードボイルド追跡スリラー ‘トラップ’での強烈な演技変身を期待するようにした。だけでなくイ・ソジンは “わなにかかってすべてのものを失う男カン・ウヒョンだが、私はずっとあう立場(入場)を演技したからほとんど相手俳優に任せていじめられてリアクション(反応)をする延期が株いい”とし “しかし、劇中盤部に驚きべきな反転が開かれるが、この時からは私も自らの役割に多い重点を置きながら演技した”と言ってドラマ観戦ポイントを紹介したりした。’トラップ’は ‘シネマティックドラマ’ではなく ‘ドラマチックシネマ’ ジャンル。演出を引き受ける引き受けたパク・シヌPDは “初めにこの作品が分かるようになった時OCN チャンネルが映画的な挑戦をしようとする意志が強く見えた”とし “元々映画で準備した作品だったからこの作品は根自体が映画だ”と説明した。引き継いで “映画を七本のドラマでまた作ったと思えば良いのに、映画的な接近が強いドラマを点で他のドラマと差別化される”と自負心をあらわした。パク・シヌPDが “‘トラップ’を見る時だけはドラマではなく映画を見ると思って火を消して見てくれれば良い。代わり、びっくりして伏せることができたらポップコーンは準備しなくほしい”と頼んだ ‘トラップ’.ドラマは来月9日午後10時20分初めて放送する。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744531.htm, 2019/01/31 15:49:20]