‘建築主被訴’ チョン・ジュン “心配してくださって感謝”…ネチズン “あいさつする時か?”

AkkoTqB_o

俳優チョン・ジュンが家賃を払うことができなくて建築主に被訴されたという報道が出た。チョン・ジュンは “変わった状況ない”とむしろ自分の近況を公開した。チョン・ジュンは30日自分のインスタグラムに “私変わった状況ないです。子たち(ペットの犬)とお元気です。心配してくださって感謝します”という文とともに写真を載せた。公開された写真で彼はペットの犬と親しい姿だ。するとネチズンは “心配は家主が受けなくてはならない君がどうして心配を受けて”(ckg1****) “心配してくれてありがたいのではなく債務があれば弁済をしろ”(west****) “誰であるアニラニです?文浮かぶ前に滞納金を整理するべきだ”(grvt****) “アムイルではないが。..何は心配してくれて感謝下端あいさつする時?”(yaev****) “心配は何か。.あっけない”(yana****) “主人が記事読んだらグェシムしますよ。変わった状況ないなんてこりゃまあ”(love****) など非難の声を出した。チョン・ジュンは非難の声が大きくなるとインスタグラムに追加で立場を明らかにした。彼は “変わった状況なく前その家でお元気です”と言いながら “事が大きくなるようで説明をしなかったが私が納めなければならない金額はすべて納めた状況です。今は他の方のまで私がすべて納めた状況です。心配してくださってありがとうございます”と説明した。先立ってこの日午後チャンネルAは “チョン・ジュンが賃貸契約を結んだ建物の家賃を払わなくて建築主に訴訟を起こされた”と報道した。報道によるとチョン・ジュンは賃貸契約を結んだ建物に保証金1千万ウォンに家賃210万ウォンを納めることに契約を結んだ。しかし2016年6月から家賃を払わなくて未納金額が合計3千万ウォンに迫ると知られた。建物与える “保証金1千万ウォンを除いた2千90万ウォンでも納めてチョン・ジュンに内容証明を二回送ったが、滞った家賃を返してもらうことができなかった”と主張した。ソウル中央地方裁判所はチョン・ジュンに “押された家賃2千余だけウォンを利子と一緒に支給して住んだ家を建築主に渡してやり”と判決した。一方1991年MBC ドラマ ‘頭を下げた男’でデビューしたチョン・ジュンはドラマ ‘思春期’ ‘LAアリラン’ ‘風呂場集男たち’ ‘おいしいプロポーズ’ ‘ご両親戦傷で’ ‘シティーハンター’ ‘天日の約束’ ‘無子息上八字’ など多様な作品に出演した。2015年ドラマ ‘走りなさいローズ’ 以後で作品活動を休んでいる。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744432.htm, 2019/01/31 00:00:04]