フリーランサー記者キム・ウン、生放送登場 “謝れば終わる”

hmz61qB_o

ソン・ソクヒJTBC 代表取締役社長に暴行にあったと主張するフリーランサー記者キム・ウンさんが放送に直接出演して論難に対する自分の立場を明らかにした。暴行論難以後キム記者がカメラの前に立ったことは初めてだ。キム記者は1月31日チャンネルA ニュース生放送 ‘ニュースTOP10’に出演した。彼は先月10日ソウル麻浦区上岩洞の一和食店で葛藤をもたらしたソン・ソクヒ代表取締役に対して “ぴったり六音節、’はいよすまない’ ‘キム・ウンすまない’と言えばすべてが終わる”と主張した。彼はまた “接触事故を記事化しないところ対する有難みと不安感で先に採用を提案した”と言った。先立ってJTBC 側は “キム・ウンさんが不法的に就職を請託し、つぼにはまらないとむしろ手社長を脅かしたのが今度事件の本質”と言いながらキム記者を就職請託、恐喝など疑いで検察に告訴した。キム・ウン記者の単独インタビュー放送したこの日チャンネルA ‘ニュースTOP10’は4.293%の高い視聴率を記録して関心を受けた。キム記者は放送の中で何回も自分の立場を強くアッピールしてアンカーであるファングスンウック記者と舌戦をするドッアン雰囲気を演出した。キム記者は最初生放送を通じてカメラに露出するのを負担になったように出演決定まで多い難関があったと知られた。生放送インタビューのための事前調律などに困難があり、この事案と係わって放送後世論向背など予想される波長などを意識したという裏話だ。一方キム・ウン記者はこの日生放送出演と別個で自分のイブザングムンを通じて “ニュースルームアンカーブリーフィングで暴行事実を認めて謝ればすべてのものを許す”ともう一度強調した。ソン・ソクヒ社長、私を破廉恥な人間で売り渡したまさにそのニュースルームアンカーブリーフィングで暴行事実を認めて謝ればすべてのものを許します。同時に私を罪のないことに対しても罪を問わないです。あなたが指摘した私に対する疑いがまことに卑劣で拙いですね。敢えてここでまた言及しないです。手社長、スタジオではあなたが帝王かも知れなくても現場では後輩取材記者の鋭鋒を適うことができません。あなたが起こしたすべての事件はスタジオ外で発生したという事実憶えてください。うちの社会補修の価値がそうしたように、進歩の価値もニュースアンカー一人に寄り掛からないです。したがってあなた一人によって濁られてもいけないです。口唇老母健康よく取りそらえてください。ありがとうございます。2019年1月31日
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744626.htm, 2019/02/01 11:46:12]