‘ペングバン’ の中大きい分け前も立派に、そして魅力あるように

x2Hs0qB_o

4年前だ。一般観客の資格で映画 ‘ソショルポビア’を観覧しに劇場を尋ねた日、運が良く(?)も監督、俳優の舞台挨拶を向い合うことができた。ドラマで顔を知らせ始めた俳優ビョンヨハンが観客たちの前に立ち、一見知らぬ俳優が “遅れて申し訳ない”とその横に走って入って来た。整えられない言いぐさで ‘映画おもしろく見てくれ’は主旨の話を一覚える。彼はところで、今大衆にあまりにもよく知られた、忠武路の愛をたっぷり受ける俳優リュズンヨル(33)だった。矯正機をはめてザンマングスロブゲ演技した彼が鮮やかだ。疎い顔なのに延期がまことに流麗で忽ちその顔が脳裏にめりこんだ。そうした彼が急にケーブルチャンネルtvN ‘回答しろ1988’ 主演俳優で抜擢になり、一躍スター級に上がった。リュズンヨルの延期を見ていていたら内面の片面をスポイトで ‘ぽつんと’ 抜いて極大化してキャラクターに投映、そのまま表現し出すという感じがしたりする。こんな感じは記者個人の考えだけではないように、彼はスクリーンとブラウン管を問わず相次いでラブコールを受けて連日フィルモグラフィーを積むところだ。牛のようにまじめに働いているリュズンヨル俳優はそれほど作品インタビューもひんぱんな方だ。ところで毎日同じなインタビュー取材にもリュズンヨル俳優とのインタビュー縁がなかった。いよいよ28日ソウル鍾路区三清洞某カフェで映画 ‘ペングバン'(監督ハン・ジュンヒ・製作ホドエンユピックチョス㈱)の主演俳優に活躍した彼にあえた。次回作である ‘戦闘’の撮影が終わってからいくばくもなくて短い髪を一リュズンヨルは灰色アンゴラニトロ楽ながらも粋な雰囲気を出した。インタビュー場所に立ち入ったら彼が記者たちを向けて “映画おもしろく見ましたか?”と言ってずるいふざけた言い方を落とした。インタビュー現場はあっという間に和気あいあいされた。’ペングバン’は統制不能F1 レーサー出身事業家鄭在哲(チョ・ジョンソクの方)を追うひき逃げ専担組 ‘ペングバン’の孤軍奮闘活躍を描いた犯罪娯楽アクションジャンル映画だ。リュズンヨルは今度映画でペングバンのエースお巡りさん庶民嶺キャラクターで分解熱演を広げた。普段自動車と運転に関心が高いというリュズンヨルは今度映画で院なしに運転台を取った。速度感あるカーチェーシング場面の90% 以上を直接消化したという彼は “撮影しながら最高時速300㎞まで走ってみた”と撮影当時を思い浮かべた。”普段には運転をそうしてはいけないでしょう。運転は安全運転が最高ですよ(笑い).関係者たちの統制、案内によって長いコースで時速300㎞まで走ってみたんです。走りながら本当に多い気がするんですよ。人生を振り返るようになります(一同爆笑).飛行機と違う感じです。自動車運転席の時速300㎞は人生で易しくできない経験なのに、本当に気持ちが妙だったんですよ。””俳優として本当に新しい挑戦でした。既存カーチェーシングとはきめが非常に違ってどう撮影が進行されるか知りたかったりしました。俳優が直接演技するよりスタンドマン方々の助けを借りるのがずっと絵に良い場合が多いですね。今度映画では車の動きで俳優とキャラクターの感情が見えたら良いという話が出て多い場面で俳優が直接運転をしました。ずっと撮影して見ると欲心が少しずつ出るんですよ。ドリフトも直接すると言って、どのようにして見ると90% 以上を直接ツァルヤングヘッドですって。スクリーンと確認してみたが、私は大好きでした(笑い).”初作品映画 ‘ソショルポビア’からドラマ ‘回答しろ1988’ ‘運のおかげロマンス’, 映画 ‘ダッキング’ ‘タクシー運転手’ ‘沈黙’ ‘リットルポレスト’ ‘毒箭’ など太め太めな作品に相次いで出演して盛りだくさんのキャラクターで大衆に会ったリュズンヨルだ。その過程で幅広い演技スペクトラムを広げた彼は今度映画でもう一度纎細なキャラクター消化力を見せてくれた。劇中盤部以後感情線を構築することにおいてイ・ソンミンのせりふと延期の大きい助けになったと言う彼だ。”イ・ソンミン先輩が ‘息子、返しながら生きよう’とおっしゃる場面お陰に後半部キャラクターを連れて行くことができました。表情、ほほ笑みが思いきり本当 ‘うちのパパ’ のようだったんです。’お父さん’ なくて ‘パパ’と呼びたいです(笑い).先輩の演技お陰にお父さんに向けた感情、キャラクターの性格を生かすことができ、見る人々が笑うことができるキャラクター分析ができたようです。考えをばか正直に推し進める庶民嶺を表現したかったです。”リュズンヨルが演技した庶民嶺は映画で大きい軸を担当しているキャラクターだ。そして本当に魅力ある。役目に対する責任感を聞くとリュズンヨルは ‘責任感’という単語にソンサレを打って謙遜に所信をあらわした。’自分の分け前をつくしたい’と言うリュズンヨル。大きい分け前も立派にやりこなす彼が次の作品で描き出すキャラクターにつとに期待が高くなる。”うーん、私に ‘責任感’という単語は重くて、少しは負担になる単語のようです。映画、生、俳優、息子などそれぞれの役目において引き受けたところの壌夷あるようですよ。私の演技をどう見たかは分からないが分け前をつくそうと努力したんです。与えられた分け前をよくやりこなしたいという心です。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744551.htm, 2019/02/01 05:00:03]