‘極限職業’・’ペングバン’・’ドラゴン手懐ける3’ など、お正月連休勝者は?

DtfM1qB_o

お正月連休が鼻先に迫った。質のよい盛りだくさんの作品がお正月映画館通りを尋ねる中に、果してどんな映画が今度連休の勝者になるか関心が集まる。今度連休は来た家族の興味を貫くコメディーとアニメーション、そして通快なアクションジャンルが角逐をする見込みだ。1日午前10時映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば前売り率1位は ‘極限職業’で、前売り率51.3%を占めている。2位は ‘ドラゴン手懐ける3’で12.6%, 3位は ‘劇場版ヘルロカボッ:オムパロス島の秘密’で10.8%, 4位は ‘ペングバン’で10.3%, 5位は防弾少年団ドキュメンタリー ‘ラブ類語セルフインソウル’で5.7%を記録した。連休追いこみにはSFジャンルも観客を尋ねる。来る5日封切りを控えて ‘アルリタ:バトルエンジェル’も2.8%を現わして6位を記録した。’極限職業’の前売り率が目立つように高い。’極限職業’は解体危機をマッタックトリン麻薬組5人方が犯罪組織掃討のために麻薬チキン屋を偽装創業して、この店がおいしい店で口コミに乗るようになって起る話を描くコミックスサグックだ。先月23日封切り、連日観客を集めている。’二十’ ‘風風風’ などを演出したイ・ビョンホン監督が演出したし、リュ・スンリョンイ・ハヌィジン・ソンギュ李東輝功名などが熱演を広げて愉快な作品を完成し出した。一日ボックスオフィス1位行進も引き続いている。前日 ‘極限職業’は観客35万600人余り(累積観客480万8800人余り)を集めて1位に上がった。前売り率2位の ‘ドラゴン手懐ける3’はバイキング足掌で生まれかわったヒコップと彼の永遠なトスルリスが誰も探すことができなかったドラゴンのパラダイスヒドンワルドを探して去る最後の冒険を盛ったアニメーションで、先月30日封切りした。シリーズの最後の便にマニア層のがっちりしている支持は勿論、全年齢帯の興味を誘発しながらお正月連休全家族が鑑賞するのに良い作品で関心を集める。前日観客12万2700人余り(累積観客39万700人余り)の観客に会ってボックスオフィス2位に位置した ‘ペングバン’のお正月連休活躍にも期待が傾く。’ドラゴン手懐ける3’の同じ日封切りした ‘ペングバン’は統制不能F1 レーサー出身事業家鄭在哲(チョ・ジョンソクの方)を追うひき逃げ専担組 ‘ペングバン’の孤軍奮闘活躍を描いた犯罪娯楽アクションジャンル映画だ。’チャイナタウン’ ハン・ジュンヒ監督がメガホンを取ったしコン・ヒョジンリュズンヨルチョ・ジョンソクヨム・ジョンアチョン・ヘジンなど演技力と魅力をあまねく取り揃えた俳優たちが大挙出動した。
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744604.htm, 2019/02/01 10:28:37]