‘それが分かりたい’ 言った放送される映画 ‘相性’ 興行成績表見たら…

Fy5f8qB_o

‘それが分かりたい’が2日電波に乗ることができない。SBSが ‘それが分かりたい’ 言ったお正月特選映画 ‘相性’を編成したからだ。’それが分かりたい’ 製作陣は1日ホームページ視聴者掲示板を通じてギョルバング消息を知らせた。’それが分かりたい’ 言った夜11時5分に放送される ‘相性’は去る2018年2月28日封切られたホングチァングピョ監督、イ・スンギシム・ウンギョン主演のコメディー史劇映画だ。’相性’ 累積観客数は134万149人を記録して期待に達することができない惜しい成績表を受けた。’相性’は ‘観相’ 製作陣の易学シリーズ二番目話で極甚な凶年が持続した朝鮮時代送話翁主(シム・ウンギョンの方)の婚事だけが日照りを解消すると信じる王(キム・サンギョンの方)が大大的な副馬揀択を実施しながら起ることを盛っている。朝鮮最高の訳述がソドユン(イ・スンギの方)は副馬候補たちと送話翁主の相性解釈を引き受けるようになって、荒しい星回りでうわさが立って過去縁談を断られた履歴がある送話翁主は顔も分からない人を夫で迎えることができないと判断して副馬候補たちの四柱単子を盗んでグォルの外に出て候補たちを順に偵察する始める。イ・スンギ、シム・ウンギョン、キム・サンギョンこの外にもヨン・ウジン、カン・ミンヒョク、チェ・ウシク、ゾ・ボクレ、チエ・ミンホ、パク・ソンヨン、ユンソングよ、イ・スジなどが呼吸を合わせた
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744713.htm, 2019/02/02 13:00:13]