パク・ユナ “‘SKY キャッスル’ チンチン役、演技してみたいです”

72th7qB_o

“どうしても ‘SKY キャッスル’ 中盤部から投入になって負担が多かったです。もしかや流れを破ることもできるから。先輩たちにたくさん聞いて頼りながらよく終えることができたようです。(笑い)” 去る28日ソウル麻浦区上岩洞編集局でJTBC グムトドラマ ‘SKY キャッスル’を終えたパク・ユナがこんなに言った。劇の中で掻繩汪(ユン・セアの方) チァミンヒョック(キム・ビョンチョル分)の娘此世里駅に出演した彼はドラマ中盤部から ‘トラブルメーカー’ 此世里駅で登場して強烈な印象を残した。実際会ったパク・ユナは此世里駅キャラクターと高いシンクロ率を誇った。170cm 高い背にす早い目つき、ここにぽきっと折れるように答える姿を見ようとすると此世里がお寺に浮び上がった。彼はどうやってこの配役を引き受けるようになっただろうか。”実は秋が逆でオーディションを見ました。がウルイが出る場面の中で歌を歌うのがあって呼んだが、PD様が好きに見てくれて此世里というキャラクターを提案してくださったんです。あの時さえ思えばまだ信じられないです。私が此世里になって ‘果して先輩たちと呼吸を合わせることができるか’という気がしたんですよ。”ドラマで此世里はハーバード大を通うと嘘をつく。実力は足りないがご両親の期待に応じるためにした行動だった。結局その嘘は現われて此世里は親に言う。”そのまま此世里が好きなことがではなく勉強上手な私が好きなのじゃないか。”パク・ユナはこんなに自信がしようとすることをぽきっと折れるようにする此世里が羨ましかったと言った。”実際でもそうのようなのに”と欠点 “イメージはところが実はそんな性格が悪い”と打ち明けた。”セリは自分のの話を明確にさせる児です。堂々です。演技しながらもそんな姿に似ていたいという考えをたくさんしました。私は家族たちと対立は勿論、一番(回)も問題が起こったことがないです。家族と友達のように過ごして見るとセリが本当に可哀想でもあったんです。私がセリみたいな家で育ったら息詰まったでしょう。セリにありがとう。たくさん学びました。”しかし人気多いドラマに中間投入になるということは多い負担があったつもりだ。流れを破ることもできるという不安感と出演俳優たちとよく調和を成すのかが最大の問題期のためだ。特にとても有名な演技派俳優先輩たちと呼吸を合わせなければならなくてパク・ユナは徹底的なキャラクター分析と勉強が必要だった。”セリの戦死に対して想像をたくさんしました。いくら圧迫を受けたら ‘こんなに嘘をつくしかないが’ して。ただ大変な点があったら感情場面だったです。キム・ビョンチョル先輩と対立する場面です。私がこんな神さまをたくさんやってみたのいやなのでどうすれば良いか悩みが多かったんです。ところでキム・ビョンチョルユン・セア先輩が前で演技するのに自然に涙が出るんですよ。本当のパパのようでママが怒るようで感情がよくつかまりました。特に私が一人で撮る場面でも先輩たちが後から一緒に演技してくださって感情をよく取りながらできたんです。本当にありがたくます。”ふと知りたい事が生じた。’SKY キャッスル’ 5人の強烈なママの中にどんな人物を務めてみたいかと言うのだった。彼の都市的な印象にハン・ソジン(ヨム・ジョンアの方)やキム・ジュヨン(キム・ソヒョン分)の名前が出ると思ったが、思いがけない返事が出た。ジンジンフィ(呉の方)というのだ。”溌剌とするキャラクターであるチンチン(ジンジンフィキャラクターニックネーム)をしてみたいです。私が今まで引き受けた役は暗くて、気難しくふるまうキャラクターが多くてヨックシムナです。またロマンチックコメディージャンルも必ずやってみたいです。”それとともにパク・ユナはジョン・ジヒョンがロールモデルだと明らかにした。彼は “ジョン・ジヒョン先輩のすべての作品はすべて見た”とし “すべてのことを下ろして演技する姿見るからとても魅力的で、かっこいいという気がした”と理由を明らかにした。’SKY キャッスル’はパク油や人生において絶対除くことができない作品になった。彼はこの作品で演技と自らに多い学ぶことを得たと言った。”劇の中でセリが ‘他人達の認めるのが何が重要なの。私が幸せならばいいでしょう’というせりふがあります。あの時思いました。演技しながら他人達が認めることにだけ喜んで私が幸せなのは考えをしなかったです。この作品で私を返り見るきっかけになったようです。早い時期にこんな良い機会が来たことに感謝してこれから一階段、一階段上がりたいです。”
ソース : [http://news.tf.co.kr/read/entertain/1744673.htm, 2019/02/02 09:00:04]